1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】一つの小学校が一丸となって戦うふじかげSC

サッカー豆知識

【全少】一つの小学校が一丸となって戦うふじかげSC

2014年8月 6日

キーワード:全日本少年サッカー大会

8月5日、全国少年サッカー大会3日目。各都道府県代表48チーム(前年度優勝の茨城県からは2チーム)は、午前中のうちに一次ラウンドの第三戦目を行い、各12グループの順位が決定しました。グループリーグの1位、2位の合計24チームは2次ラウンドに進出。2次ラウンドでは、各3チームずつ8グループに分けてリーグ戦を行い、1位のみが勝ち進める決勝トーナメントを目指します。そして、残念ながら1次ラウンドで3位、4位になってしまったチームは、ドリームリーグを2次ラウンド同様に行い、ドリームトーナメント進出を目指して戦います。
 
ふじかげSC山形
 
 さて、その大会三日目の午前中、初日に連敗したため、2次ラウンド進出の夢は潰えていましたが、初の全国の舞台で、意地の一勝をおさめようと奮闘しているチームがありました。それは、ふじかげSC山形です。
 
山口雄二監督
 
 なんと、一つの小学校の生徒のみで構成されているふじかげSCは、団結力で全国大会という夢の地への扉を見事こじ開けたチームです。山口雄二監督は、「学校で同じクラス同士の子もいるからね」と明かし、続けて「同じ学校で、連絡がすぐに通じるのはいいこと。保護者さんからもたくさん協力も得られやすかった」と、保護者の方々も一丸となり戦ってくれたことを、全国進出の勝因に挙げます。また、「あとはタイミングやな。何か、持っていたからね(笑)」と、冗談を交えながら語ってくれました。
 
 さて、こうして静岡の地で、全国の強豪を相手に戦う機会を得たふじかげSCですが、第一試合レジスタFC戦、第二試合サンフレッチェ広島戦、共に6-0で破れてしまいます。
 
ふじかげSC山形
 
 監督は、「結果を重視して、負けないサッカーをしようと思って臨んだ。引き分けてもいいから負けないように。あとは、(ピッチ内で戦う選手達に)気づきを与えるようにしていた。ボール持っている人、持ってない人が(その場で何が起きているのかを)気づいて、コーチングし合うことで連動して、チームでゴールを決めるサッカーを目指した。けど、そういうことがなかなかできなかった」と、コンセプトを持って大会に臨んだものの、結果が伴わないこと悔やみます。
 
 それでも、大会はまだ終わっていません。最後に全国で1勝をという願いを胸に、選手達は第三試合沖縄県代表のエスペランサFC戦に臨み…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
 
ふじかげSC山形
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】一つの小学校が一丸となって戦うふじかげSC

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ