1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】16年ぶりの出場、意外な方法でチーム力を高めるおろちFC

サッカー豆知識

【全少】16年ぶりの出場、意外な方法でチーム力を高めるおろちFC

2014年8月 5日

キーワード:全日本少年サッカー大会

 8月3日、第38回全日本少年サッカー大会が開幕しました。選手宣誓では、高知県代表の潮江JFCキャプテン、楠瀬海選手が「夢はワールドカップ出場。そのためにも今大会で全力を尽くします」と高らかに宣言。4日から一次ラウンドが始まる今大会は、各都道府県代表48チーム(前年度優勝の茨城県からは2チーム)が出場し、日本一を目指して戦います。そして、その日本一を決める決勝戦は、9日に行われる予定です。
 
おろちフットボールクラブ
 
 そんな今大会の注目チームのうちの一つが、選手同士のコミュニケーションを重視している、おろちフットボールクラブ。コミュニケーションを大切にすることで、組織的な守備を手にがしたこの島根県代表チームは、県の予選大会を通じて失点を0に抑え、16年ぶりに全国への切符を手にしました。
 
勝部清監督
 
 組織的な守備が強みのチームだけあって、勝部清監督は「ボールに近い選手が奪いにいく」「全体をコンパクトに守ろう」「カバーリングの意識を忘れない」といったサッカーの基本的な約束事に関して、きっちりとチームに伝えています。とはいえ、先述したように選手同士の意思疎通を重視しているチームなので、監督が戦術でガチガチに選手を縛るということはありません。では、そのコミュニケーションを深める上で、監督が重宝している練習が何かというと…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
 
おろちフットボールクラブおろちフットボールクラブ
 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】16年ぶりの出場、意外な方法でチーム力を高めるおろちFC

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ