1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】静岡県王者を勝ち取ったチームワークを育む練習とは

サッカー豆知識

【全少】静岡県王者を勝ち取ったチームワークを育む練習とは

2014年7月 7日

キーワード:全日本少年サッカー大会

トレーニングの終盤。選手たちはライン上に並ぶと、ホイッスルと同時に一斉にスタートを切りました――。いわゆる『シャトラン』です。第38回全日本少年サッカー大会の静岡県代表となったVivaceFCではこの練習を効果的に取り入れています。
 
VivaceFC
 
目標タイムを設定し、クリアを目指す。「他のチームより走ることはやっていると思います」と語るのは古杉仁志監督。この他、長距離走などのメニューを行うこともあるといいます。同監督は「様々な考えがあるし、小学生に“素走り”をやらせても意味がないという考え方もあると思います」と前置きした上で、持論をこう語ります。
 
「やはり練習で走れなければ、試合の中でも走れないと思うし、ボールも来ないと思うし、勝負にも勝てないと思うんです」。
 
古杉仁志監督
 
このメニューの狙いは他にもあります。むしろ、そちらの方が重要かもしれません。1本目は惜しくも失敗。選手たちから落胆の声が漏れます。すると、選手間で“作戦会議”を始めました。“議題”は目標タイム。「早過ぎない?」「遅くする?」「○×秒? それは遅すぎるよ」。目標タイムは選手たち自身が決定します。古杉監督はこの様子をじっと見守るのみ。子どもたちの意見に耳を傾けることはありますが、目標タイムを強要することはありません。選手全員のクリアが条件。当然、選手間で能力差があり、タイム差もありますが、だからこそ励まし合います。その経験がチームワークを育むのです。
 
結局、1本目と同じ目標タイムで2本目、3本目も失敗。すると、今度は「もっと等間隔に並ばないと走りにくいよ」「前半に飛ばしてタイムを稼ごう」「並ぶ順番を入れ替えよう」といった声が上がりました。それでも失敗が続くと…
 
続きはスーパースポーツゼビオが提供するジュニアサッカーサイト「Junior Soccer United」で!
 
練習風景練習風景
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【全少】静岡県王者を勝ち取ったチームワークを育む練習とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ