1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 8人制サッカーを学ぼう【第3回】-基本的なガイドライン

サッカー豆知識

8人制サッカーを学ぼう【第3回】-基本的なガイドライン

公開:2011年6月 2日 更新:2012年5月17日

キーワード:8人制8人制サッカーを学ぼうルール大会審判

■試合時間

基本的に前後半、10~15分間ですが、年代によって変更するのもOKです。ハーフタイムのインターバルは5分とし、3ピリオド制にした場合、3ピリオド目の中間点で両チームのエンドを変えます。

■延長戦・PK戦

勝敗を決定する必要がある場合は、延長戦やPK戦を行います。延長戦は前後半3分ずつで実施し、それでも決着がつかない場合はPK戦になります。PK戦は両チーム3人ずつが蹴り、得点数が同じ場合は、3人以外の選手が新たにキックをします。同数のキックで一方がより多く得点するまで、順序を変えることなくキックを続けます。試合のスケジュールが詰まっていて、時間に余裕がない場合は、PK戦のみを別コートやグラウンドの脇などで行う場合もあります。

■リスタート時のルール

フリーキック時は、ボールがインプレーになるまで、相手選手は7m以上、ボールから離れます。コーナーキックの時は、ボールがインプレーになるまで、相手選手は7m以上、コーナーアークから離れます。スローインの時は、相手選手はスローインが行われる地点から2m以上、ボールから離れます。8人制になると11人制よりピッチが小さくなるので、その分リスタート時のボールと選手の距離も短くなります。

以上が8人制の試合を実施するにあたっての、基本的なガイドラインです。大会によって多少の変更がある場合もありますので、開催時には参加チームの代表者同士が、事前にルールなどを確認する場を設け、共通の認識のもとに運営するのが望ましいでしょう。

<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>

取材・文/鈴木智之
写真/木鋪虎雄『チビリンピック2011決勝』より

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(284件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 8人制サッカーを学ぼう【第3回】-基本的なガイドライン