1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「世界の壁を体感する」ことでサッカーがもっと上手くなる /元FC東京・石川直宏がコーチを務めるU-16世代の夢の祭典

インタビュー

「世界の壁を体感する」ことでサッカーがもっと上手くなる /元FC東京・石川直宏がコーチを務めるU-16世代の夢の祭典

公開:2018年4月16日 更新:2018年4月17日

キーワード:adidasCLUEFAYOUNG Championsアディダスチャンピオンズリーグ石川直宏U-16

■運動部「じゃない」子より遅かった高校時代

選手時代はスピードスターとして名をはせた石川直宏さんですが、以前「プロに入る前までは、周囲より身体も小さく、足も速くなかった」と言っていました。そこで、実際に何秒ぐらいで走っていたのかを伺ってみたところ...。

「何秒、というのは覚えていませんが、かなり遅かったです。運動部じゃない子よりも遅かったですからね」と衝撃の答えが。

それでも、プロ入り後の活躍はみなさんもご存知の通り。

「それは、自分が諦めなかったから。自分ができることは何か、自分の武器を磨くことを考えたので、プロでも戦えたんだと思います」

単純な走力でアドバンテージが無いなら、ボールがパサーのところに入るタイミングを予測して動き出せばDFの裏に抜けられる。試合を読む力をつけ、考えて動くことを徹底して行ったことで徐々に「速い」選手として頭角を現し、長く活躍することができたのです。

そんな石川さんの経験は、現在足が遅かったり、中々自分の良さが出せず悩んでいる子どもたちにも希望が持てるお話ではないでしょうか。ぜひサッカー少年少女たちは、挑戦し続ける楽しさを知り、もっともっと楽しんでプレーして欲しいものです。

Adidas UEFA Young Champions

世界に挑戦したい中高生をサポートしたいという想いで発足。UEFA チャンピオンズリーグ(CL)の大会開催に併せて、決勝開催国の代表と他国の選抜チームによるU-16年代の国際大会。日本ではこれまで2010年、2013~2017年の計6回予選大会を実施。

UEFAのオフィシャルパートナーであるアディダスだからこそ実施できる、本気のプレーヤーに夢を与えることのできる大会になっている。優勝チームには世界大会着用ユニフォームと最新フットウェア提供のほか、アディダス本社(ドイツ)への招待、CL2017‐2018決勝戦観戦を含めたツアー参加などの賞品が用意されている。


サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(183件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「世界の壁を体感する」ことでサッカーがもっと上手くなる /元FC東京・石川直宏がコーチを務めるU-16世代の夢の祭典