1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「レベルは関係ない。サッカーはとにかく楽しく、ボールにたくさん触って」内田篤人

インタビュー

「レベルは関係ない。サッカーはとにかく楽しく、ボールにたくさん触って」内田篤人

公開:2018年3月20日

キーワード:W杯アディダスドイツブンデスリーガワールドカップ内田篤人鹿島アントラーズ

■「やらなきゃ」と義務になるならルーティーンは不要

小学生年代では試合前のルーティーンを持っている選手はいないかもしれませんが、プロの中には試合前から試合後まで、様々なルーティーンを持っている選手もいます。(例:ピッチに入るときにラインを踏まない など)

内田選手も何かルーティーンを持っているのか伺ってみました。

――試合前のルーティーンはありますか?
右足からピッチに入って、左足から出る。そのくらいです。あまりルーティーンが多くなると、あれを忘れた、あの曲を聴き忘れたとなってしまって面倒なので極力少なくしています。

右足からピッチに入って左足から出るのは、高校を卒業して鹿島で初めて試合に出た時から自分のルーティーンにしました。たまたまそうしたことを覚えていて、試合も負けなかったので「これだな」と思って。

ルーティーンやゲン担ぎが試合の結果に影響するわけではないですが、やることによって気持ちが落ち着くならやればいいと思います。

ただし...と内田選手は続けます。ルーティーンはあくまで自分の気持ちを落ち着けたり、試合に向けて気持ちを高めるためにやればいいものであって、「この前の試合でこれをやったら上手くいったから」などと、やることを増やしていくと「あれをやらなきゃ」と義務になってしまうので、あくまで自分がリラックスできる程度でおさめるのが良いのでは。とのことです。

ルーティーンとまではいかなくても、自分に合った試合への向かい方を身につけることが良いパフォーマンスを引き出すのは間違いないでしょう。

最後に、今年6月に開催されるワールドカップロシア大会の楽しみ方を聞きました。

後編_02.JPG
(内田選手はワールドカップ ロシア大会の優勝国をドイツと予想)


――W杯が始まります。親子で楽しむおすすめの観戦方法を教えてください。


そうですね......。日本代表も良いですが、テレビで見て単純にカッコいいとか、目立つ選手とかに注目するのも楽しいんじゃないでしょうか。

僕が中学生のときにベッカム人気がすごかったんですよ。サッカーに興味のない人もみんな注目していて、W杯が盛り上がったのもベッカムのおかげかも(笑)。親子で好きな選手、好きなチームを決めて応援したら面白いと思いますよ。

サッカー未経験のお父さんお母さんは誰がいいか、どの国がいいのかがわからないと思うので、それを子どもと話し合いながら決めてみてはどうですか。日本代表でもいいですが、たぶん日本代表に好きな選手はいないでしょ?(笑)。

僕はやっぱりドイツ代表が気になります。知っている選手ばかりですが、中でもドイツ代表の7番で、今はパリ・サンジェルマン(リーグ・アン)に所属しているユリアン・ドラクスラーを見てほしいです。若い選手ですがとても優秀な選手で、シャルケのときに一番仲良かった選手です。良い選手が揃っているのでW杯の優勝はドイツでしょうね。

と、親友ドラクスラー選手の名前を挙げ、優勝国をドイツと予想。内田選手もケガから復帰したばかりなので慎重な姿勢は崩しませんが、ワールドカップ出場の希望は捨てていません。

「2年も行っていないから大きなことは言えないけど」と前置きしつつ、「ワールドカップに出たい気持ちはある。そのためにはまず所属チーム、鹿島で良いプレーをし続けることが当面の目標」ときっぱり。日々の積み重ねでロシアへの切符を目指します。


後編_03.JPG
(アルファスキンソックスの機能を確かめる内田選手)

前編でもご紹介した「ALPHASKIN (アルファスキン)ソックス」は、日本代表のオフィシャルマッチソックスです。足底外側に施された「TRAXION グリップテクノロジー」がサイドバックのプレーに多い止まる、走るの連続プレーをサポートしてくれます。

内田選手が代表に選出されたら、「ALPHASKIN (アルファスキン)ソックス」のサポートを受けて最高のパフォーマンスを見せてくれることを期待したいですね。

<<前編:止まる、走るを繰り返すサイドバックに強い味方。内田篤人も絶賛! 欧州では当たり前の機能系ソックスでパフォーマンスアップ

アルファスキンソックス.jpg

ALPHASKIN(アルファスキン)ソックス/
シューズと足の一体感を高めるためのテクノロジーを備えたパフォーマンスソックス。
生地に極細繊維「ナノフロント」を採用し、 高い摩擦力によりシューズ内でのソックスの滑りを防止。さらに足底に施された「TRAXION(トラクション)グリップ」がしっかりと靴底を捉え、シューズ内のパワーロスを軽減。高い摩擦力によりシューズ内でのソックスの滑りや擦れを防ぐ極細繊維「ナノフロント」を生地に採用。 パッドクッショニングに加え、通気性に優れた CLIMACOOL の搭載により快適さも向上している。

「ALPHASKIN ソックス」は2種類の「グリップ」、3種類の「クッション性」、4種類の「レングス」を組み合わせた60タイプ(カラーバリエーション含む)をラインナップ。

商品取扱先:adidas online shopと全国のSuper Sports Xebioで販売中


サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:前田陽子

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(187件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「レベルは関係ない。サッカーはとにかく楽しく、ボールにたくさん触って」内田篤人