1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「放任しすぎもダメ、子どもが楽しめる方向に導くのが親の役目」元浦和レッズ・鈴木啓太の子育て論

インタビュー

「放任しすぎもダメ、子どもが楽しめる方向に導くのが親の役目」元浦和レッズ・鈴木啓太の子育て論

公開:2017年7月 4日 更新:2021年1月27日

キーワード:サポート両親浦和レッズ考える力鈴木啓太

■指導者の言葉を自分なりに解釈して、プレーに落とし込むために「考える力」が大事

suzuki2_02.JPG
(上手くいかなかったときではなく「上手くいったとき」の振り返りが大切だと語ってくれました)
 
――過去のインタビューで「僕の周りには常に上手な選手がたくさんいた」と言っていますよね。その中で周りを活かして、自分が活きるにはどうすればいいかを考えたと。前回のインタビューでも言っていましたが、それも「考える力」のひとつではないですか?
 
「そうかもしれません。色々な指導者の方に言われたことを自分なりに解釈して、どう自分のプレーに落とし込むか。それはすごく考えていましたし、人生において何が必要なのかを学ばせてもらいました。いま振り返って感じるのが、意識の面に働きかけること、心に響く言葉って、ずっと忘れないんですよね。僕がサッカーを好きになったきっかけが、4歳のころ、近所にある清水第八クラブというチームの練習に行ったことでした。幼稚園生の自分に『サッカーって、なんて面白いんだ』と思わせてくれた練習があったんです。子どもが一人ひとり立って、そこにボールが転がってくるんですけど、コーチが言うところでボールを止めて、シュートをするという練習だったんですね」
 
――初めて周りの子と一緒にサッカーをする、最初の一歩ですね。
 
「コーチが言う場所でトラップして、ドリブルしてシュートをするんですけど、最初の練習で『頭!』って言われたんです。4歳の僕は『サッカーって、足でするスポーツでしょう』と思って、足でボールを止めたのですが、コーチから『お前の頭は足か!』と言われたんです。次に『お尻!』と言われて、お尻でボールを止めようとしたら、するっと抜けて尻もちをついてしまったんですね。そのときに『なんだこれは、面白いなぁ』と思ったんです。サッカーって、自由なスポーツなんだと。それが、子どもながら心に響いたんですよね。そう考えると、親としても、指導者としてもそうですが、心に響く言葉をかけることができるのかは、すごく大切なことだと思います」
 
――最後に、サッカーをする子どもたちにアドバイスをお願いします。
 
「良い選手のプレーをたくさん見て欲しいです。そして、自分のプレーがうまくいったときに、なぜうまくいったのかを考えて欲しい。誰しも、うまくいかなかったときは考えると思うんですよ。だけど、うまくいったときは意外とスルーしちゃうんです。なぜうまくいったのかがわかれば、次も同じようにうまくできるようになりますよね。周りを見ていたからうまくいったのか、ファーストタッチでしっかり止めることができたから、うまくいったのか。自分で自分のプレーを分析することで、サッカーがうまくなり、もっともっと楽しくなると思います」
 
鈴木啓太さん引退試合の詳細やチケット情報はこちら>>
2017年7月17日(月・祝) 17:00キックオフ・埼玉スタジアム
REDS LEGENDS(浦和レッズOB主体のチーム) vs BLUE FRIENDS(鈴木啓太氏と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち主体のチーム)
 
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
文:鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(212件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 「放任しすぎもダメ、子どもが楽しめる方向に導くのが親の役目」元浦和レッズ・鈴木啓太の子育て論