1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. がんばる子に育つ!親が用意するべき3つの環境とは[元日本代表FW黒部光昭インタビュー]

インタビュー

がんばる子に育つ!親が用意するべき3つの環境とは[元日本代表FW黒部光昭インタビュー]

公開:2016年4月15日

DSC_5900_s.jpg

■子どもが自分自身で決断できる環境を

子どものころに負けず嫌いの塊だったという黒部さん。かつて日本代表まで上り詰めたときに待っていたのは「負けず嫌いの人たちだらけ」だったということ。
 
黒部さんは日本代表に招集されてもなかなかチャンスが訪れなかったとき、こんな考え方をしていたといいます。
 
「プロに入ったときも、日本代表に入ったときも、試合に出るためには単純に二つしかないんです。自分のポジションの選手よりもうまくなるか、自分のポジションの選手がミスをして交代させられたときや、言い方は悪いですが、ライバルの選手がケガなどで離脱したときに、そのチャンスをチャンスと思えるか、そのときのためにじっと準備をして待つことができるか、がとても大事なんです。そうやってみんなチャンスを掴んでいる世界なんです」
 
黒部さんは日本代表に入ったときに一時的にケガで離脱してしまい、逆にライバルにチャンスを与えてしまったことを振り返り、こんな話をしてくれました。
 
「正直、あのときこうしておけばどうだったかな、と思うことはあります。でも、ケガをしてしまうのはしょうがないことだし、自分自身は一生懸命にやっていた結果なので、納得はしています。大事なのは、すべて自分が決断したうえでの結果ということ。それであれば納得ができるからです。やはり、子どものころからの習慣として、物事の判断を自分自身で決めることはすごく重要だと思います。ぼくは中学1年生のときに高校はサッカー強豪校の徳島商業高に入ると決めて、周りには強気になって公言していました。徳島商業のことは何も知らなかったのに(笑)。でも、自分の目標を達成したい一心でした。自分で物事を決めたのならば最後までやりきる強い気持ちを持つことが大事だと思います。本田圭佑選手のように高い目標を公言してどんどん達成していく力強い選手もいますよね。ぼくもどちらかといえばそういうタイプでした。高い志を持って日々行動するからこそ、気づいたときに人は成長しているのだとぼくは思います」
 

<PR>
school_chirashi.jpg
  カターレ富山スクールの詳細が知りたい方はこちらをクリック>>
 
 
IMG_9947_s.jpg
黒部光昭さんが強化部長を務めるカターレ富山のホームゲームを観に行こう!
4月17日(日)VS ガイナーレ鳥取
5月8日(日)VS AC長野パルセイロ
 
※いずれも会場は富山県総合運動公園陸上競技場です。
 
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 杜乃伍真

インタビューコンテンツ一覧へ(183件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. がんばる子に育つ!親が用意するべき3つの環境とは[元日本代表FW黒部光昭インタビュー]