1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. サッカーへの理解度を深めることでインテンシティも高まる

インタビュー

サッカーへの理解度を深めることでインテンシティも高まる

2014年7月22日

キーワード:コミュニケーションスペイン知のサッカー

年代別の日本代表で活躍し、パラグアイ、メキシコ、スペイン、ギリシャ、香港のリーグでプレー経験を持つ、国際派ストライカー・福田健二選手。スペイン・バルセロナに拠点を置き、日本を始め世界中のサッカー選手・指導者のコンサルティングを行うサッカーサービス。今回は特別企画として『スペインサッカー』という共通項を持つ福田健二選手とサッカーサービスのポールコーチの対談が実現! 2回目は「ブラジルW杯」や「プレーインテンシティ」など、盛りだくさんの内容です!
(取材・文/鈴木智之)
 
<<選手それぞれがサッカーに対する哲学を持っているスペイン
 
福田健二選手とポール氏
 
 

■南米の高いインテンシティは、メンタルの昂ぶりから生まれる

――スペインリーグ2年目となるヌマンシアでは、38試合に出場して10得点をあげました。どのようなシステム、ポジションでプレーしていたのでしょうか?
 
福田:システムは1-4-2-3-1で、センターフォワードで出場していました。チームにはベテラン選手が多く、バルサのカンテラでプレーしていた選手もいたのですが、彼らはサッカーをよく知っていましたね。ヌマンシアのスタイルはシンプルで、ロングボールを積極的に使いますし、得点パターンはクロスを中で合わせるものと、3人目の動きで裏に抜けて流し込む形が多かったです。スペインのDFはプレー中、よく話しかけてくるんですよね。「日本人にサッカーができるのか?」とか。精神的に追い込んでいきたいんだろうなと(笑)。相手を不快にさせようとしているなとは思いましたね。
 
ポール:スペインではよくあることです。空中戦で飛ぶ前に、わざと足を踏んでからジャンプをする選手もいます。
 
福田:それをされて、靴ひもが何回か切れたことがあります。パラグアイはもっとひどかったので、慣れていましたが(笑)
 
――福田さんはパラグアイ、メキシコと南米でもプレーされています。ブラジルW杯では南米勢の活躍が目立ちましたが、どのような印象を持っていますか?
 
福田:南米大陸で戦うときの、南米のチームは強いですよね。普段の試合とは、パフォーマンスが全然違います。力の入れ方もすごいですし。感情の昂ぶりを見ていると、彼らにとって南米大陸で行われるW杯は、特別なものなんだろうなと思いました。ブラジルの選手が国家斉唱のときに涙を流したり、ブラジルのGKジュリオ・セーザルがPK戦の前に泣いたり。パッション(情熱)を表に出す部分を見ていても、いままでのW杯とは違うなと感じましたね。
 
ポール:ブラジルW杯では、南米チームのインテンシティ(プレー強度)はものすごく高いものがありましたし、コロンビアやチリのように、サッカーの質そのものが高いチームもいます。
 
福田:インテンシティで言うと、南米の選手の試合にかけるメンタルはすごいですよね。最後の最後の場面で身体を投げ出して足を出すのは、メンタルがかなり影響していると思います。インテンシティを高めるためには、日頃のトレーニングでどれだけ重要視して、意識できるかだと思います。身体をぶつける、フィジカルコンタクトの強さも必要ですし、1本のシュートにこだわること、シュートを打たせないために、身体を投げ出す気持ちの面などは、指導者が言うべきだと思います。ペナルティエリアに入って、シュートを打つ場面になると、相手は身体を投げ出してきますよね。FWの選手はそれをどうかわすか。ブラジルW杯を見ていると、DFが身体をぶつけようとしても、一瞬のスピードの変化でかわされたりして、接触できない場面も目にします。ステップワークの重要性も感じますね。
 
1  2
取材・文/鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(144件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. サッカーへの理解度を深めることでインテンシティも高まる

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ