1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 長友佑都(インテル)By NIKE FC PLAYRES' FORUMレポート

インタビュー

長友佑都(インテル)By NIKE FC PLAYRES' FORUMレポート

2011年6月26日

日本代表、インテル(イタリア)で活躍する長友佑都選手。いまや国民的な人気を誇る彼が、ナイキ原宿で行われたイベント『NIKE FC PLAYRES' FORUM』に参加し、プロを目指す子供たちを前に「夢を持つこと、努力をすることの大切さ」について、話をしてくれました。ここでは、トークショーの一部をリポートとして、お届けします。

11-06-26-01.jpg

■「自分の中に能力は眠っていると思っているので、それを甦らせることが大事」

南アフリカW杯からの1年は、10年分ぐらいの経験をしたように感じています。それぐらい長かったです。W杯があって、チェゼーナ(イタリア)に移籍して、アジアカップで優勝して、インテルに移籍しました。シーズンの最後はコパ・イタリアで優勝することができて、すごい経験ができました。

これもすべて、日々の積み重ねです。毎日の生活、すべてが僕を成長させてくれました。僕は苦しい時ほどチャンスだと思っています。それを乗り越えたら、成長した自分が待っている。そう信じて、なりたい自分を描いて、苦しさを乗り越えます。

中高時代はサッカーがヘタクソだったので、走ってばかりでした(苦笑)。最初はスタミナもスピードもなかったです。ただ、自分の中に能力は眠っていると思っているので、それを甦らせることが大事だと思います。誰にでも、能力はあると思う。それはテクニックだったりパスだったり......。いい部分が、必ずあると思います。

■「強くなって、走れるようになったら活躍できる」

スピード、運動量、技術など、長所を伸ばすことが、上のレベルに行くために必要なことだと思います。短所を克服するというよりは、長所が伸ばすことによって、短所の部分が後からついてくると思います。僕は中学時代、長所がありませんでした。身長も伸びなかったですし。だから、とりあえず強くなろうと思いました。強くなって、走れるようになったら活躍できるのではないか考えて、トレーニングをするようになりました。

1  2

インタビューコンテンツ一覧へ(144件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 長友佑都(インテル)By NIKE FC PLAYRES' FORUMレポート

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ