1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 【前編】ボクシングか?サッカーか? ウェイン・ルーニーを成長させた2つのスポーツ

インタビュー

【前編】ボクシングか?サッカーか? ウェイン・ルーニーを成長させた2つのスポーツ

2010年12月24日

 若くしてマンチェスター・ユナイテッドとイングランド代表のエースとして活躍するウェイン・ルーニー。彼が、少年時代は優秀なボクサーだったという話は、日本ではあまり知られていないエピソードかもしれません。

0002211.jpg 英国では、子供がフットボール以外のスポーツにも熱中し、10代半ばになってからどれかひとつに専念する、といった例は珍しくありません。ルーニーもその例に漏れず、子供の頃はフットボールとボクシングを両立していました。日本ではどちらかといえば、このスポーツと決めたらその道を究めるというのが一般的。欧州や米国では、幼少の子どもに複数のスポーツに親しませ、その上でやりたいスポーツを選択させるといったことが普通に行われているのです。

 そもそも、リバプール生まれのルーニーは、ボクシング一家の中で育ちました。父は元アマチュアボクサーで、地元の大会に出場してトロフィーを持ち帰るほどのファイター。父の兄弟、つまりルーニーの叔父たちもボクシング選手で、そのうちの1人は少年用のボクシングジムを運営していました。10歳でイングランド一部リーグのエバートン下部組織に入団したルーニーは、同じ頃、フットボールの練習に励むかたわら、叔父のボクシングジムにも通っていました。サッカーの魅力に取り付かれ、ジュニアユース時代から懸命にキックの練習に励んだルーニーですが、一方ではボクサーとしても、本人いわく「けっこういいパンチを持っていた」そうです。

 しかし、フットボールの練習の後にボクシングジムへと通う生活を数年間続けた後、ルーニーの才能を買っていたエバートンは、彼に決断を迫りました。当時のことを、後にルーニーはこう語っています。

「15歳くらいのときだったかな。エバートンでフットボールを続けるなら、ボクシングをやめなくてはいけないとフィジオ(※注)に言われたんだ。僕はファーストチームに入れるチャンスがあった。だから、ボクシングはやめて、フットボールに専念することにしたんだ。結果的に、フィジオの進言は大正解だったね」

 この後、サッカーに集中して、本格的な練習をつんでいくルーニー。そして、16歳で世界最高レベルのプレミアリーグの舞台に立つことになります。

興味深いルーニーの少年時代、続きは後編へ。

※注)フィジオ/選手の体力を科学的に分析し、トレーニングのメニューを作成したり、アドバイスを送る役目を担う。フィジオはチームに所属している場合や、選手個人と契約している場合などがある。

Text//Footmedia Photo//AFLO
◆前後のページ |前編|後編
1

インタビューコンテンツ一覧へ(144件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 【前編】ボクシングか?サッカーか? ウェイン・ルーニーを成長させた2つのスポーツ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ