1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 【後編】サッカーへの愛が、カルロス・テベスの人生を、180度変えた

インタビュー

【後編】サッカーへの愛が、カルロス・テベスの人生を、180度変えた

2010年12月17日

世界中の様々なスター達はどんな幼少期、少年時代を過ごしたのでしょう。彼らの知られざる一面や苦労、努力の一端に触れたいと思います。今回は、アルゼンチンのスター、カルロス・テベスの後編です。環境の悪い街で育ったテベスはどのように、成功への道を歩んだのでしょうか。

もちろん生まれついての才能もあってこそですが、スラム街出身の少年がアルゼンチンの英雄に成長できた背景には、故郷の環境が育んだハートの強さ、ハングリー精神も大きく影響しています。

「僕のルーツは常に故郷にある。それは決して忘れない。あそこでの生活が、僕に尊敬、謙虚、犠牲といったものを教えてくれたんだ」

この「尊敬、謙虚、犠牲」が、テベスのプレーを語る上でのキーワード。素晴らしいテクニックを持つストライカーでありながら、テベスは相手DFにプレッシャーをかけるためにピッチを絶え間なく走り続けて仲間を助けます。そして、リスペクトするサポーターのために、どんなときも諦めずにゴールへ向かって前進し続けるのです。そんな彼のひたむきなプレースタイルは、ボカ・ジュニアーズ、コリンチャンス、ウェストハム、マンチェスター・U、そして現所属のマンチェスター・Cと、どのクラブへ渡ってもファンの心をガッチリ掴んでいます。

テベスのこうした側面を感じ取ったからこそ、マンチェスター・シティーのロベルト・マンチーニ監督は、彼にキャプテンを任せたのかもしれません。

サッカーの本場イングランドで地位を確立し、この上ないサッカー人生を送っているテベスですが、彼は今後3~4年でヨーロッパを離れ、ブエノスアイレスで家族とともに平穏な暮らしをしたいと公言しています。心ない英国のメディアはそれを「ホームシックだ」と騒ぎ立てますが、故郷を愛し、家族を愛するテベスからすれば、母国への郷愁は当然のこと。そして、責任感に溢れる彼のこと。ヨーロッパでプレーを続ける限り、ピッチ上で手を抜いたプレーを見せてファンを幻滅させることは考えられません。

生まれ育った劣悪な環境のせいにして、自らの人生をネガティブに捉えるのではなく、サッカーへの愛と自己犠牲をベースに、成長していったテベス。彼の行いや考え方に学ぶことは多いでしょう。

000184.jpg

Photo:AP/アフロ

◆前後のページ |前編|後編|
1

インタビューコンテンツ一覧へ(144件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 【後編】サッカーへの愛が、カルロス・テベスの人生を、180度変えた

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日

一覧へ