1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 【後編】父が支えてくれた僕のサッカーライフ 佐藤勇人選手インタビュー(ジェフユナイテッド市原・千葉)

インタビュー

2010年12月 6日

【後編】父が支えてくれた僕のサッカーライフ 佐藤勇人選手インタビュー(ジェフユナイテッド市原・千葉)

一度ならず二度までも、ジェフのユースチームを離れた勇人選手。高校時代などのような心境でサッカーと向き合っていたのでしょうか。前編に引き続き佐藤勇人選手のサッカー人生を追っていきます。

048.jpg

「ギリギリまで悩んだんですが、高校三年の時にまた、チームを離れた。でも離れたことで自分は本当にサッカーが好きなのかどうか冷静に考えることも出来たと思います。そして、最終的にはやっぱりサッカーが好きだ、プロになりたいと思い直してチームに戻った。

二度もサッカーを辞めた経験を持つプロ選手なんてなかなかいないですよね。この時考えたのは、小さい頃、サッカーに出会った時の気持ち。やっぱりその時から自分はずっとサッカーが大好きで、これしかないと思えた唯一のものだった。そして、チームスポーツが持つ何とも言えない感動です。

練習も試合も皆で一緒に取り組んで、勝てば皆で同じ喜びを共有出来る。この感覚が忘れられなくて、サッカーに戻ろうと決断出来たんです。父は僕に命令するということをしなかった。今思えば、引っ越しまでしてバックアップをしているのに、息子が辞めるなんて言うのを聞いて父もくやしかったと思うんです。でも一切を僕の判断にまかせてくれた。だから僕もじっくり考えることが出来たし、正しい選択を出来たんだと思います。

自分から逃げないでサッカーを続けられたのは両親の静かな対応が大きかった。本当に感謝しています。父は、昔より今の方が僕に対して意見することが多いくらいですね。試合中のあのプレーはどうだったとか(笑)。」

一度ならず二度までもサッカーを辞めようと思った高校時代。いつも静かに見守ってくれたお父さんに、今、試合で活躍することで恩返ししているという勇人選手。

そのサッカーへの情熱は、引退するまで冷めることはないでしょう。

佐藤勇人//
1982年埼玉県生まれ。中学生入学と同時にジェフユナイテッド市原・千葉ジュニアユースに加入。以降、ユース、トップチームとジェフ一筋のクレバーなMF。現在、チームを引っ張る、頼れるキャプテンとして活躍中。

◆前後のページ |前編|後編|
1

インタビューコンテンツ一覧へ(167件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 【後編】父が支えてくれた僕のサッカーライフ 佐藤勇人選手インタビュー(ジェフユナイテッド市原・千葉)