1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. アギーレジャパンから学ぶ!小学生からできるリスタートの工夫

サッカーを観て学ぶ

アギーレジャパンから学ぶ!小学生からできるリスタートの工夫

2015年1月22日

キーワード:アギーレアジアカップフリーキックリスタート長谷部誠

2015年アジアカップのグループリーグが終了。日本代表はパレスチナに4-0、イラクに1-0、ヨルダンに2-0と、見事3連勝を収め、決勝ラウンドに駒を進めました。
 
準々決勝の相手はUAE。グループリーグで6点を挙げた自慢の攻撃力と、3失点を喫したディフェンスの脆さが同居するチームです。日本が無失点をキープすることができれば、準決勝に大きく近づくのではないでしょうか。
 
ここまでの3試合を振り返ると、日本が"リスタート"を工夫しながら、ゲームの流れを巧みにつくっていることが印象深いです。(取材・文 清水英斗)
 
MKP_6678.jpg
中盤の底で、日本のグループリーグ無失点に大きく貢献した長谷部。リスタート時のプレーにも注目(写真 松岡健三郎)
 

■強い向かい風のゴールキックは、足元でつなぐ意識を高めたい

たとえば初戦のパレスチナ戦のゴールキックについて。この試合はかなり強い風が吹いていました。コイントスに勝ったパレスチナは前半、風上の陣地を選択しています。(筆者の位置からコイントスの様子が見えたわけではありませんが、キックオフが日本のボールだったので、コートを選んだのはパレスチナ、ということになります)
 
逆に風下に立つことになった日本は、川島永嗣のゴールキックを、いつもより足元でつなごうとする意識が強く見られました。なぜなら、ゴールキックを空中へ蹴り上げてしまうと、向かい風にあおられて遠くへ飛ばず、自陣内で競り合う形になってしまうためです。これは非常に危険。ヘディングに競り負ければ、一発、二発のパスでシュートに持ち込まれる可能性があります。
 
パレスチナもそれはわかっているので、日本に足元でつながせず、ロングキックを誘発するために前からプレスをかけてきました。
 
おもしろかったのは、前半7分のゴールキック。パレスチナの前線2人にマークを付けられ、一度は足元のパスを諦め、センターバックの森重真人や吉田麻也が前へ上がって行く様子を見せましたが、そこからもう一度、今度は吉田とアンカーの長谷部誠が下がり、川島は長谷部へパスをつけます。ここで、パレスチナの2枚のプレスに対し、日本は長谷部を加えて3枚。数的優位が1枚できた日本は、長谷部から森重へつなぎ、森重がドリブル。そこから縦パスを入れて、最後は遠藤保仁のミドルシュートで先制ゴールをゲットしました。
 
もともとアギーレジャパンでは、追い詰められたら無理をせず、つなぐことを諦めてロングボールを蹴ることがOKとされています。実際、イラク戦やヨルダン戦では川島がロングキックを蹴る場面が増えました。しかし、パレスチナ戦については“向かい風”という条件が加わったため、日本があえて足元でつなぐプレーを重視したことがわかります。その駆け引きが、遠藤の大会第一号ゴールを生んだと言えるでしょう。
 
変幻自在のアギーレジャパン。「風が強いからイヤだな~」で終わらず、「じゃあ、どうやってプレーするべきか?」というところまで考えて実践する。それが質の高いサッカーです。
 
1  2
取材・文 清水英斗 写真 松岡健三郎

関連記事

関連記事一覧へ

サッカーを観て学ぶコンテンツ一覧へ(29件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. アギーレジャパンから学ぶ!小学生からできるリスタートの工夫

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ