1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 小倉隆史が解説!Jリーグトップストライカーに学ぶ点の取り方

サッカーを観て学ぶ

小倉隆史が解説!Jリーグトップストライカーに学ぶ点の取り方

公開:2014年9月30日 更新:2015年4月16日

キーワード:シュート佐藤寿人大久保嘉人Jリーグ

■何度でも動き直せる佐藤寿人のすごみ

続いて登場したのはサンフレッチェ広島の点取り屋、佐藤寿人選手です。
 
映像はある一つの連続したシーンで、佐藤選手が、相手のディフェンスラインと何度も駆け引きをしつつ、動き直しを繰り返すというものでした。
 
「ディフェンスラインの背後にボールが出てこなければ、サイドステップを踏んで戻って、また前へ飛び出せる準備をしていますよね? また、クロスボールが自分に対するボールではなかったとしても、そのボールが折り返される可能性や、シュートのこぼれ球に反応できる準備をする、という動き直しを繰り返しています」
 
映像の佐藤選手は、同じシーンで、3回、4回と動き直しをした結果、最後の最後に、まるでご褒美のように、味方のクロスボールがニアサイドの混戦を通過し、フォアサイドでフリーで待ち構える佐藤選手の前へ転がってきてゴールをゲットします。
 
「フォワードに必要なのは我慢です。すべてのボールが、自分の要求通りにはまず出てきません。ボールが出てこないからといってそこでプレーを止めてしまってはダメなんです。このシーンは何度でも動き直しができる佐藤選手の特徴的なゴールだと思います」
 
自分の特徴や強みは何であるのか。それを自分自身でよくわかっていることがとても大事だと小倉さんはいいます。
 
「ぼくは小学生の頃から、自分の蹴るボールがなぜかブレていたんですよ。それもあって、ゴール前左斜め45度の角度からシュートを打てばほとんど入った。だから、その角度に入っていくためのトレーニングを何度も繰り返しやっていました」 
 
解説者のコメントをヒントに、観て、学ぶ。そして、自分の強みや特徴を把握して、練習に励む。それも上達するための早道になるかもしれません。

 

小倉隆史(おぐらたかふみ)
1973年7月6日、三重県鈴鹿市出身。四日市中央工業高サッカー部に入部し、3年時に高校選手権優勝を果たす。卒業後は名古屋グランパスに入団。94年、日本代表に初選出される。Jリーグでは名古屋、ジェフ市原、東京ヴェルディをはじめ5チームに在籍し、2005年に引退。2012年、日本サッカー協会公認S級コーチライセンス取得した。J1J2通算241試合出場52得点。日本代表では国際Aマッチ5試合出場1得点。
 

Jリーグの試合映像でサッカーを学ぼう!
FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、13歳までに身に付けておくべきサッカーの戦術を、Jリーグの試合映像を使って徹底解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が見て学べる映像トレーニング。
think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png
選手向け「知のサッカー第2巻」の詳細はこちら>>
 
『Footi』清水英斗と北健一郎 アジアカップレポートを動画で配信中!
http://footi.jp/movie/list/1?ct_id=21
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ

関連記事

関連記事一覧へ

サッカーを観て学ぶコンテンツ一覧へ(34件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 小倉隆史が解説!Jリーグトップストライカーに学ぶ点の取り方