1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは

健康と食育

サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは

2017年3月29日

キーワード:お母さんお父さんケガ成長期手術打撲捻挫足首骨折

子どもたちのサッカーに付きもののケガについて、その対処や治療法、受け止め方やリハビリなど、どう向き合ったら良いか悩んでいる保護者の方も多いと思います。
 
「ケガについて知っておきたいけど、難しいことはわからない」
「素人考えで対処して大丈夫?」
 
サッカーとケガについて心配しているというお父さん、お母さんに向けて、サッカーで起こりやすいケガ、ケガについての基本知識と対処法をご紹介しましょう。
 
お父さん、お母さんが知っておきたいサッカーのケガについて教えてくれるのは、株式会社国際スポーツ医科学研究所代表取締役でJASA公認アスレティックトレーナーを務める理学療法士の金成仙太郎さん。
 
サッカーを中心にジュニアスポーツの現場での経験も豊富な金成さんの監修で、子どもたちに起こりがちなケガについて見てきましょう。(取材・文 大塚一樹)
 
 
firstaidkit01.jpg
イラスト:アカハナドラゴン
 

■子どもたちのサッカーで起こりやすいケガとは?

子どもたちのサッカーで一番多いケガはなんだと思いますか?
 
金成さんによると、幼稚園や小学生年代では、捻挫や骨折よりも、体をぶつけることによる打撲が多いと言います。
 
「ウチはケガするほどレベルの高いサッカーしていないから」と仰る保護者の方もいますが、成長過程にある子どもたちは、走ることはできても急に止まったり、相手を避けたりする筋力が十分ではありません。「止まれない」ことで、他の選手にぶつかってケガをすることが多いというのです。
 
「ジュニアの大会などでトレーナーとして参加することもありますが、骨折や捻挫もありますが、圧倒的に多いのは子どもたちに限って言えば打撲が多いです」
 
サッカーのケガの定番と言えば足首の捻挫!と思いがちですが、「止まる力」がまだ弱い子どもたちは、体と体をぶつけ合って打撲を負うことが良くあると言います。
 

■サッカーで起こるケガの種類

子どもたちのサッカーで起こりやすいケガといして、まずは打撲への対処法をご紹介していきたいと思いますが、その前に、「ケガの種類」について、みなさんの頭を整理するためにも、大きく二つに分類しておきたいと思います。

いわゆる「ケガ」には、先ほどご紹介した打撲や捻挫、骨折などの「外傷」と、練習などで同じ動作を繰り返すことなどによって起きる「障害」があります。成長期のサッカー選手につきものの障害と言えば、主にヒザが痛くなる「オスグッド病」と、かかとの痛みが主症状の「シーバー病」があります。オスグッド病とシーバー病は小学生にも多い障害なので、この連載でも取り上げますが、まずは「ケガ(傷害)」には「外傷」と「障害」があることを覚えておいてください。
 
〇サッカーのケガ(傷害)は2つに分けられる
外傷(捻挫、打撲、骨折など、プレー中に起きた突発性のケガ)
 
障害(特定部分の使いすぎや成長期によって起きる慢性的なケガ)
 
firstaidkit02.jpg
イラスト:アカハナドラゴン
 

■打撲への対処法 基本的な対処を押さえる

外傷と障害の違いがわかったところで、子どもたちに多いという打撲を例にとって、外傷への対処方法を見ていきましょう。
 
サッカーの練習中、ゴールに向かってドリブルをしていた選手が、目の前のDFをかわしきれずに、交錯してしまいました。 スピードに乗った状態でぶつかったため、双方ともとても痛そう。特にDFの子はドリブルしてきた選手のヒザがももに入り、倒れ込んでしまっています。
 
「あるある」という声が聞こえてきそうな状況ですよね。こんな時あなたならどうしますか? 親の立場ではどこまで介入するか難しいところですよね。あまり心配しすぎても「過保護」と思われそうですし、コーチが何もしていないのに駆けつけるわけにはいかないし……。
 
ついつい「痛くないだろ!? それくらいで痛がるな」なんて声をかけてしまいがちですが、ケガに対しては、「もし大きなケガだったら?」ということを考えて行動すべきです。
 
「何か起きたらまずは練習やプレーを止めること。ケガをした子どもをピッチの外に出して、ケガの程度を見ましょう。それで問題なければすぐに練習に戻れば良いだけですから」
 
次ページ:手術が必要になることも!? 打撲の危険性

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文 大塚一樹

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(164件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ