1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. サッカー未経験の親でもできる!わが子を助ける2つのセルフテーピング

健康と食育

サッカー未経験の親でもできる!わが子を助ける2つのセルフテーピング

2016年8月29日

キーワード:JYDテーピング応急処置

日本サッカーのさらなる発展に重要な次世代選手の育成を目指して、2016年に発足した事業。それが「JFA Youth & Development Programme(通称JYD)」です。今年8月、JYDのオフィシャル・サポーター、ニチバン株式会社によるテーピング講習会が行われました。ここでは、知っておくとケガの予防になり、パフォーマンスアップにつながる「子どもがひとりでできる」テーピング方法を紹介します。サッカーをする子を持つ保護者の方は、ケガ予防や応急処置の方法について、ぜひ参考にしてみてください!(取材・文 鈴木智之)
 
IMG_4021_s.jpg
 

■応急処置で最も重要だと言われているのが“圧迫”

ニチバン株式会社の花村徹さんは、講習会に詰めかけたサッカー少年・少女を持つ保護者を前に、次のように語りかけます。
 
「今回は応急処置の仕方と、ケガを予防するためのテーピングテープの使い方をお教えしたいと思います。ケガをすると大好きなサッカーができなくなりますし、大事な試合に出場できなくなることもありますよね。そのようなことを防ぐためにも、ぜひテーピングの方法を知っておいてください」
 
IMG_3948_s.jpg
 
まずは応急処置の仕方から。サッカーで多いのが足首のねんざです。よくあるケガのシチュエーションが、ジャンプをして着地をするときにひねる。相手に足を踏まれる。シュートをするときに地面を蹴ってしまう…。足首をねんざしたときには、テーピングを使ってどのような応急処置をすればいいのでしょうか?
 
花村さんは「まずはRICE処置をしてください」と言います。RICEとは安静(Rest) 、冷却(Ice) 、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)の頭文字を合わせたもので、ケガをしたときはまず患部を冷却し、サポーターやテーピング、包帯などで圧迫します。受傷後にテーピングを巻くことは、患部を「圧迫」することになります。
 
「近年、スポーツメディカルの分野で、応急処置で最も重要だと言われているのが“圧迫”です。打撲や捻挫をした直後に、血管からの出血を最小限に防ぐための処置として圧迫をします。圧迫をして患部を冷やすことで、何も処置をしないときと比べると、ケガからの復帰は早くなりますので、必ず応急処置をしましょう」(花村さん)
 

■足首のセルフテーピング

 
使用するもの:セラポアテープFX50mm
 
【テーピングの方法】
1)椅子の上に受傷した足を乗せて、足首の角度を90度にする
2)テーピングテープの1本目は、内くるぶしの上、握りこぶし一個程度のところから始める
3)内くるぶしの中央を覆うようにかかとを通し、外くるぶしまで貼る
4)テープの長さは、内側と外側が同じ高さになるようにする
5)テープを切った後、足に垂直になるように注意しながら強めに引っ張り、外くるぶし側で止める
6)テープの2本目は内側から始め、1本目と同じ方向に足指の方向へ半分ずらし、強めに引っ張って貼る
7)小指側から足首の前面を通して、すねの内側まで強めに引っ張る
8)その後はらせん状に、引っ張らずに巻き上げていく
9)はがれを防止するため、1本目のスタート位置の高さまで覆い完成
 
【ポイント】
・内側へのひねりを制限するため、1本目のテープはかかとを支点に、内側と外側の両方を強めに引っ張って貼る
・はがれ防止のため、2本目はすねの内側から引っ張らず、らせん状に巻く
 
足首のセルフテーピングは、ケガをした直後の応急処置だけでなく、ケガの予防にもなります。関節の緩い子どもは、関節をテープで固定することでパフォーマンスアップにもつながるので、ぜひやってみてください。 足首のセルフテーピングは、ケガをした直後の応急処置だけでなく、ケガの予防にもなります。関節の緩い子どもは、関節をテープで固定することでパフォーマンスアップにもつながるので、ぜひやってみてください。
 
IMG_3951_s.jpg
 
続いては、疲れを予防するための「足裏テーピング」です。
 
花村さんは「足底筋膜炎の子は、足裏テーピングをすると治りが早くなります。また、大人の場合は立ち仕事や長時間歩く時に足裏テーピングをすると、疲労が軽くなりますし、女性の方であれば、外反母趾の痛みの軽減にもなります。足裏にアーチを作ることでクッション効果がおきて血行が良くなるので、冷え性対策にもおすすめです」と語り、参加者が自分でできるよう、テーピングの仕方をレクチャーしていきます。
 

■足裏のセルフテーピング

 
使用するもの:セラポアテープFX 50mm(男性)/38mm(女性)
 
【テーピングの方法】
1)イスに片方の足のつま先を乗せ、足首の角度を90度に保つ
2)テープの1本目はかかとにかからない位置に、小指側から土踏まずを上げるように、軽く引っ張りながら貼る
3)2本目は母趾球にかからない位置に、小指側から土踏まずを上げるように、軽く引っ張りながら貼る
4)3本目は1本目と2本目の間に、軽く引っ張りながら貼る
 
【ポイント】
土踏まずを上げるよう、軽く引っ張って貼る
歩行時の違和感を避けるため、足の甲の部分は空ける
 
足裏テーピングは、サッカーをする際にも効果があるようで、花村さんは次のように説明します。
 
「土踏まずを上げると足の指が開きやすくなります。そのため、サッカーをするとき、シュートの場面で軸足をしっかりと踏み込む効果が見込めます。試合の終盤に疲れてしまう選手は、足裏テーピングをすることで、土踏まずの筋肉が下がってこなくなり、クッション性を保つことができます。その結果、ひざや腰にかかる負担を和らげることができます」
 
足裏テーピングは「最後のところで踏ん張りが効かない」「腰やひざが痛くなり、走れなくなってしまう」という子には、おすすめのテーピングと言えるでしょう。ニチバンが推奨するのが、ひとりでできる「セルフテーピング」。トレーナーがいなくても、自分でテーピングをすることができれば、ケガ予防や応急処置を迅速に行うことができます。小学生でも慣れればできるものばかりなので、ぜひトライしてみてください。
1
取材・文 鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(164件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. サッカー未経験の親でもできる!わが子を助ける2つのセルフテーピング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ