1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

健康と食育

おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

2011年10月21日

キーワード:ジェフユナイテッドストレッチ筋トレ

姿勢、骨盤を矯正し、インナーマッスルを使って身体の芯を作っていくことでバランスのとれた健康的な身体へと導く「ピラティス」。ボディシェイプ、代謝や柔軟性アップ、ケガの予防など多くの効果があるため、一般の人からアスリートまで幅広く取り入れられています。

最近は、大人だけでなく身体のバランスが崩れている子どもも多いようで、それはパフォーマンスだけでなくケガなどにも影響してきます。
 
今回は、おウチでも実践できるピラティスのメニューを、ジェフユナイテッド市原・千葉のFW深井正樹選手の奥様で、ピラティス・ヨガスタジオ「Studio ViBody」の代表、深井 康代さんに教えてもらいました。
 
深井選手も実際におウチで行なっているメニュー。撮影には深井選手にもご協力いただきました!
 
 
【基本姿勢】
 
(座り)
0015.jpg
 
 
(仰向け)
0069.jpg
 

座位では、骨盤を床に対して垂直に保ち、仰向けでは骨盤を床と平行に保ちます。肩が上がってこないように、肩甲骨をお尻の方向に向かって下げます。

下腹をへこます、おへそを背骨に向かって引き込み、下から引き上げる『スクープ』という動きがありますが、これがピラティスにおいての基本姿勢になります。運動するのが面倒な方や、あまり時間を取れない方でも、この下腹をへこます『スクープ』という動きを時々することをオススメします。続けていくとお腹周りのスッキリにつながります。
 
ピラティスでは、この『スクープ』の姿勢を、エクササイズ中もキープすることがポイントとなります。
 

【呼吸】

ピラティスでは胸式呼吸(ラテラル)が基本となります。お腹が膨らまないように注意しましょう。鼻から息を吸うときは、肋骨が左右、後ろ方向に広がるようチェック。口から吐く時もさらにお腹をへこますように吐き出します。
 

【骨盤調整】

0111.jpg

1  2
取材・文・写真/石井宏美

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(164件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ