1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. "足腰が弱いせい"ばかりではない!雨のグラウンドでも滑らないターンのコツは"外足"にあった

運動能力

"足腰が弱いせい"ばかりではない!雨のグラウンドでも滑らないターンのコツは"外足"にあった

公開:2016年7月 5日 更新:2020年4月16日

キーワード:ターントレーニングラダーラダートレーニング梅雨谷真一郎

■ぬかるんだグラウンドでも滑りにくくなる!トリプルスタンプのラダートレーニング

 
 
やり方
ラダーの前に立ち、1マス目右外側に右足、左足の順にステップを踏み、次の右足のステップで地面反力を得てラダーを飛び越え、2マス目左外側に左足で着地する。右足でステップを踏み、次の足で地面反力を得て3マス目右外側に右足から着地する。この動きを4マス分繰り返す。
 
谷さんからのアドバイス
外側の足で地面反力を強く得られるように踏み込みましょう。上体を起こして前方に視線を向け、腕振りも忘れずに行いましょう。3ステップ目で強く地面を蹴り上げる動作を、瞬時の外足ターンに繋げていきます。このトレーニングで地面反力を得る感覚を覚えましょう。
 

■地面反力がもっとも得られる足幅でプレーしよう

谷さんによると、グラウンドの状態やシューズの状態(スパイク、トレーニングシューズ)によっても、適切な足の幅は変わってくるそうです。ウォーミングアップのときにグラウンドに出て、すべらない足幅を確認することがおすすめです。
 
 
ターンや方向転換をするときに意識したいのが「地面反力(地面を蹴ることで得られるエネルギー)を、もっとも得られる足幅でプレーすること」です。足幅が狭すぎると、地面から得られるエネルギーが小さくなり、ターンや方向転換時にスピードが出ません。反対に足幅が広すぎても、地面から得られるエネルギーは小さくなり、滑りやすくなってしまいます。
 
以上が「雨で滑らないためのステップが身につくラダートレーニング」です。最後に、谷さんがサカイク読者に向けて、メッセージを寄せてくれました。
 
「ラダーは様々な動きを身につけることができるトレーニングで、動きのバリエーションはたくさんあります。雨でグラウンドが使えず、室内トレーニングが増える梅雨の時期は、ラダートレーニングをする絶好の機会。今回紹介したトレーニングをすることで、グラウンドに出た時の動きの質を高めることができます。みなさんも、ぜひチャレンジしてみてください!」
 
 

【PR】

●おすすめ商品●

谷コーチが開発!DVD付きラダートレーニング

tani_banner300x300_02.jpg

走り・ひねり・ジャンプなど、様々なステップを取り入れたスピードアップラダートレーニング。わかりやすい解説テキストとDVD付きで、正しいステップがしっかり身につきます。短いラダーを使うから、ご自宅での自主練にもピッタリ!

 

タニラダー>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

今すぐできる!足が速くなる練習法
「5人の専門家が教える足が速くなるコツ」を無料配信!

サカイクに掲載された記事の中から、世界陸上メダリスト為末大さんをはじめ、5人のプロアスリートやトレーナーが教える足が速くなるコツをメルマガで配信!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
 
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 鈴木智之 画像 八木竜馬

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(117件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. "足腰が弱いせい"ばかりではない!雨のグラウンドでも滑らないターンのコツは"外足"にあった