1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 身体をほぐして、パフォーマンスアップ! ジュニア世代のための正しいトレーニング

運動能力

身体をほぐして、パフォーマンスアップ! ジュニア世代のための正しいトレーニング

2011年3月24日

キーワード:ストレッチ筋トレ

 ジュニア世代にとって過度な筋トレは逆効果であるといわれています。では、ジュニアにとって効果的なトレーニングとは一体どのようなトレーニングなのでしょうか。現役のフットサルプレーヤーであり、フィットネスクラブ「ホグレル」のトレーナーでもある早川裕樹さんと川畑亮輔さんにお話しを聞きました。

■お家でカンタンにできるホグレル体操をやってみよう!

「練習のしすぎやストレッチを怠ることで、小学生の選手でも筋肉がカチカチに固まってしまうことが少なくありません。健やかな筋肉が育っていても、筋肉が硬いままではパフォーマンスはあまり上がらないどころか、身体が重くなり、動きにくくなってしまうのです。そのため、筋肉を柔軟に保つためのトレーニングが必要になってきます」 そこで「ホグレル」では、専用マシンを用いて筋伸縮の反復運動をし、しなやかな筋肉づくりを目指しているそうです。筋伸縮と聞くとストレッチを思い浮かべますが、一般的なストレッチとホグレル式トレーニングは異なるものなのだそう。

「ストレッチは筋肉を伸ばした状態で動きを止めますが、ホグレル式トレーニングでは伸ばして縮めるといった反復運動を続けることで血流を良くし、しなやかな筋肉を作ります。筋肉が柔軟になることで、関節の可動範囲も広がるので、パフォーマンスもアップしますし、ケガの防止にも繋がります。筋肉をベストな状態に保つためのトレーニングなので、ジュニア世代でもやりすぎになることはなく、安心して行えるトレーニングだといえるでしょう」

普段はマシンを使って行うホグレル式トレーニングですが、そのノウハウを応用し、自宅でもできるトレーニングを教えてもらいました。サッカー選手にとって特に大事な、股関節、足首、肩胛骨。これらをほぐしてベストパフォーマンスをキープしましょう。

股関節をほぐすトレーニング

11.3.24.jpg

  1. 床の上に足を投げ出して座り、手を後ろについて片足を折り曲げます
  2. そのままの状態でゆっくり身体を後方に倒していきます
  3. この時、おヘソにグーッと力を入れるようにすると、骨盤の周り(股関節周辺の)筋肉が引っ張られ、力を入れたり抜いたりすることで筋伸縮をすることができます

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(93件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 身体をほぐして、パフォーマンスアップ! ジュニア世代のための正しいトレーニング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  9. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  10. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日

一覧へ