1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. あなたが、子どもと一緒にサッカーをプレーしたほうがいい理由

親子でチャレンジ

あなたが、子どもと一緒にサッカーをプレーしたほうがいい理由

2015年8月 5日

キーワード:東京ヴェルディ親子

東京ヴェルディでは、定期的に早朝親子サッカーを開催しています。
 
そこに広がっていたのは、少年団で見るような真剣なまなざしよりも、お父さんやお母さんと子どもたちが、一緒になってサッカーを楽しむなんとも牧歌的な風景。子どもは、下は年中から上は小学4年生まで。親は、サッカー経験者もいれば未経験者もいます。競技レベルの差は関係なく、みんなが楽しそうで、そこにはたくさんの笑顔が溢れていました。(取材・文 中村僚 写真 サカイク編集部)
 
matsumoto_01_s.jpg
 

■親子で一緒にボールを蹴る利点

東京ヴェルディの松本哲男コーチは、この早朝親子サッカーを開催するふたつの狙いを語ってくれました。
 
「親と子どもが一緒にサッカーをプレーすることによって、親に実際にプレーすることの難しさを体感してもらいたいのがひとつ。ピッチの外から見ていると『右に出せ』とか『左にドリブルしろ』と思ってしまいがちです。ところが、ピッチの中に入ってみると、つねに状況が変わる中、一瞬で判断する難しさがわかります。外から見るのと中でプレーするのとはまるで違いますから。そういったところを体感してもらえればいいと思っています。
 
もうひとつは、世代が違う親子がひとつのゴールを目指す機会をつくることです。一緒にゴールを目指してプレーして、実際にゴールが決まるととても良い笑顔でハイタッチするんですよ。それは見ていて気持ちのいい光景です」
 
松本さんの練習を見ていて特に印象的だったのが、声掛けの仕方です。ネガティブな言葉がまったくありませんでした。
 
「『インサイドで蹴るんだよ』とか『あっちに蹴るんだよ』と言いたくなることはあります。でも、子どもたちも一生懸命に上手くプレーしようとしています。それを助けてあげて、さらにやる気を引き出せるような声掛けができればと思うんです。
 
私が子どもの頃には、褒めるコーチはあまりいなくて、怒られるケースがほとんどでした。私は嫌ではなかったのですが、今は褒める指導が主流なのでそれに乗っかっています(笑)。とはいえ、褒められれば嬉しいですよね」
 
次ページ:楽しくプレーして、それを親やコーチに話して、またサッカーを楽しむ
 

8月16日(日)、30(日)東京ヴェルディサッカースクール早朝親子サッカー開催!!>>
 
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文 中村僚 写真 サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. あなたが、子どもと一緒にサッカーをプレーしたほうがいい理由

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ