1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 子どもと一緒に覚えよう!いまさら聞けないマークの基本

親子でチャレンジ

2015年3月19日

子どもと一緒に覚えよう!いまさら聞けないマークの基本

キーワード:サッカーサービスディフェンスマーク

答え 「常に相手とボールを確認できる体の向きを作る」
 
【いい例】
ssgenko_02.JPG
 
【わるい例】
ssgenko_01.JPG
 
子どもも大人もサッカーをプレーしていれば、自然にボールの方向に体が向いてしまいます。そうすると、敵の位置を見失いがちになるのはもちろん、自分の守備エリアに侵入してきた敵への対応が遅れてしまいます。
 
そうならないためにも「常に相手とボールを確認できる体の向きを作る」ことが大切です。たとえば、Jリーグでも4—4—2の右センターバックが左サイドからのセンタリングでゴールを許すシーンや危ない場面を見かけませんか?
 
原因は、相手とボールを確認できる体の向きを作れていないことにあります。つまり、ボールウォッチャーになっているのです。ここでポイントになるのは、「ボールと敵を同時に把握できる体の向きを作って準備する」こと。ようは、ボールの動きと敵の動きを同時に確認しておくことです。
 
具体的にどうすればいいのか。
 
それは「ボール保持者と敵との位置関係を三角形に保つこと」が重要です。体を半身に保ち、常に敵を同時に視野に入れられるポジションを保っていれば、自分がどの選手をマークすべきかがわかります。
 
もう一つ大事なのは「常に敵とゴールを結んだ直線上に自分のポジションをとる」ことです。意外に、この基本的なことがおろそかになりがちです。いくらボール保持者と敵を同時に把握できる位置にポジションをとっていても、敵と同様にゴールをフリーにしてしまったら何の意味もありませんから。
 
マークする選手を待つときは止まる? 止まらない? いまさら聞けないマークの基本>>
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 

「マーク」について試合映像で詳しく解説!
FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、認知やサポートなど13歳までに身に付けておくべき戦術をプロの試合映像を使って解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が見て学べる映像トレーニング。
think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png
選手向け「知のサッカー第2巻」の詳細はこちら>>
指導者向け「知のサッカー第1巻」の詳細はこちら>>
 
前のページ 1  2
構成・文 木之下潤

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 子どもと一緒に覚えよう!いまさら聞けないマークの基本