1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 親子で楽しむ夏休み!遊び方

親子でチャレンジ

親子で楽しむ夏休み!遊び方

2011年8月 6日

ここからは、さっそく遊び方のメニューを紹介します! 熱中症&水分補給、疲れたら休むことを忘れずに、楽しい思い出&身体作りをしていきましょう。

■元気アッププログラム エクササイズ

≪1人のエクササイズ≫
【2拍子3拍子】

リズムに合わせて手と足の動きをうまくコントロールする

【ヒールタッチ】

バランスをとりながら素早く体を動かす

【両足回りとび】

体のバランスをうまくとりながらジャンプする

≪2人のエクササイズ≫

【セーノでピョン】

バランスをとりながらタイミングよくジャンプする

【片足しゃがみ立ち】

踏ん張りながら、体のバランスをコントロールする

【じゃんけんおひらき】

バランスをとりながら柔軟に体を動かす

小学生の頃は、身体をうまくコントロールする力が伸びる時期でもあるので、いろいろな運動の組み合わせになるような、ちょっと変わった動きを取り入れると良いでしょう。これらのエクササイズは部屋の中でも行うことができますが、夏は自然の中など、日ごろとは異なる環境で行うと、非日常的な部分を感じられて、家族みんなで楽しむことができると思います。

※詳しくは『子どもの体力向上ホームページ』の「元気アッププログラム」をご覧ください。

■子どもにプログラムを長続きさせる8ポイント

  1. 始めるための環境をつくる
    時間を作って「さあ、やるぞ!」という環境を整えて、プログラムを始めましょう。

  2. 子どもと向き合う
    運動しているときの子どもの様子をしっかりと見るようにしましょう。よく観察することが大事です。親がよく見てくれていると思うと、子どものやる気も異なってきます。

  3. 1つずつマスター
    1つひとつできるように導くことが大事。同時にいくつかのことを言ったり、動作を急がせないようにしましょう。

  4. おしつけない
    できるまでやらせようとすると、やること自体が嫌になってしまうので、気長に身につけさせるようにしましょう。

  5. 腹八分目で次につなげる
    長い時間やろうとすると長続きしません。子どもの興味を継続させるようにしましょう。

1  2

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 親子で楽しむ夏休み!遊び方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  2. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ