1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 怪我予防のストレッチ体操教室

親子でチャレンジ

怪我予防のストレッチ体操教室

2011年5月21日

キーワード:ケガストレッチ教室予防疲労回復

IMG_2972.JPG

選手たちにとってケガ予防やパフォーマンス向上に欠かせないストレッチは、お母さん、お父さんの疲労回復や血流促進にも効果があるといわれています。でも実際には、いつどんな風にしたらいいの? 力加減は? 親子でできるの? などなど疑問も多い分野です。そこで、ストレッチの知識を深めながら、自宅でできる簡単ストレッチ方法をお届けします!

■「一流選手ほど怪我をしない。自分の体をしっかりとケアすることはとても大切なこと」

――練習前後にストレッチを行うということが重要になるのは、どのようなことが理由ですか?

「例えばプロのスポーツ選手を見てもそうですが、一流選手ほど怪我をしない。怪我をしないからこそ練習ができる。その裏では常に時間をかけてストレッチを行うと聞いていますが、ストレッチはプロ選手に限らず、スポーツをしているどの世代にあてはめても、非常に重要なこと。とくに、最近では、小中学生のお子さんでも練習の頻度が増えたことで、ケガのトラブルなども増加している。それだけに、自分の体をしっかりとケアすることはとても大切なことです。ストレッチを行うことは怪我の予防にもなるだけに、練習前後に取り入れたり、自宅でお風呂に入った後に取り入れることをおすすめしています」

―― 一般的に「ストレッチ」というと、筋を伸ばすというイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

「よく体育の授業などで号礼をかけて行うようなものを想像されるかもしれませんが、そうではなく、ゆっくり伸ばしてあげて、ある程度負荷のかかるところまでいったら、そこで(体を)戻してあげるのが良いと思います。ただ、あまり強く伸ばし過ぎるのも、逆にトラブルを起こす原因となります。先日も、バレーを行っているお子さんが、もともと体が柔らかいこともあって無理に伸ばしたところ背中を痛めてしまいました。ですので、過度に行うことや無理をするのは禁物。ただやればいいのではなく、部位に対して、しっかりと意識をしながら伸ばすことが重要ですね」

1  2  3
取材・文/石井宏美 写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 怪我予防のストレッチ体操教室

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ