1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】脳に動きをインプット!『イメージトレーニング』でレベルアップしよう

親子でチャレンジ

【後編】脳に動きをインプット!『イメージトレーニング』でレベルアップしよう

2011年3月 3日

サッカーのレベルアップを目指す上で、欠かすことのできないのがイメージトレーニングです。「子どものメンタル、親のメンタル」が好評連載中のメンタルトレーニング・コンサルタント大儀見浩介さんに、イメージトレーニングの方法を教えてもらう後編です。

■チャレンジ02 気持ちを切り替える練習と理論

ミスしてもすぐ切り替えよう
脳に失敗のイメージを刷り込ませない

0004473.jpg

シュートを外したあとに、「やっちゃった......」と頭を抱える選手がいます。 ワールドカップに出場するような世界トップレベルの選手でも、そのような仕草をする選手を見かけました。 これは「失敗のイメージ」を心に植えつけてしまうため、おすすめできません。ミスを悔いている間もプレーは続いています。また、ミスのイメージで頭の中を一杯にすることで、体はミスへと自然に誘導されてしまいます。 人間の体はイメージと密接な関係があります。ひとつ実験をしてみましょう。

<<実験>>
  1. 目をつぶってください。
  2. それでは、猿のイメージをしないでください。お尻が赤くて、キーキー鳴く、猿のイメージはしないでください。
  3. はい、目を開けてください。いま、頭の中は猿のイメージで一杯になっていると思います。


このように、「○○しないでください」と言っても、知らず知らずのうちに猿のイメージが植え付けられています。これと同じように「ミスをしないように、失敗しないように」と考えると、体が反応してミスをしてしまうのです。シュートを外したときも同じです。 頭を抱えてネガティブなジェスチャーをすることで、脳に失敗のイメージが強くすりこまれていきます。そこで「次はシュートを外さないように、ミスをしないように」と考えると、頭の中がミスをするイメージで一杯になり、結果としてミスをします。 普段は正確なクロスボールを蹴ることができるのに、一度ミスをしてしまうと、続けてミスしてしまう。このような選手は最初のミスのイメージが頭の中に強く残っていて、そのイメージをなぞるようにしてミスを繰り返すのです。

1  2

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】脳に動きをインプット!『イメージトレーニング』でレベルアップしよう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  6. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ