1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】親子で楽しめる! ゴールキーパーのための、スペシャルメニュー

親子でチャレンジ

【前編】親子で楽しめる! ゴールキーパーのための、スペシャルメニュー

2011年1月 5日

キーワード:トレーニング練習GK

0004631.jpg「チームにGKコーチがいない」「GKはどのような練習をしたらいいか、わからない」。ジュニア年代の指導現場では、このような声をよく耳にします。そこで今回は、GKコーチの望月康宏氏に「2人でできるGK用ウォーミングアップ練習メニュー」を教えてもらいました。ここで紹介するメニューは2人でできるものばかりなので、チームではもちろんのこと、休日の公園など、親子で一緒に練習してみるのもいいかもしれません。

■チャレンジ01 サイドステップ&キャッチ

img_gk01_01[1].gif

ルール
  1. 2人1組になり、ボールを1人1個持って図のように離れて立ちます
  2. 両者の「せーの」のかけ声で、自分の正面にボールを投げます
  3. お互いにサイドステップを踏んで移動し、正面でボールをキャッチします
解説

ポイントはサイドステップをし、体の正面でボールをキャッチすることです。ボールを投げたらすぐにサイドステップを踏んで、ボールをつかみましょう。ボールの種類は相手の顔の高さ、お腹の高さ、足元と3種類。ボールスピードはそれほどなくていいので、真っ直ぐ、正確に投げることを意識してください。慣れてきたら「はい!」とテンポの良いかけ声を出し、速いリズムでもできるようにしましょう。

■チャレンジ02 クロスステップ&ランニングキャッチ

img_gk01_01[1].gif

ルール
  1. 2人1組でボールを1つ持ち、向い合ってスタンバイ
  2. 「ヨーイドン」のかけ声で、AとBが同じ方向へ距離を保ったまま、並行に走り出す
  3. ボールを持っている選手Aが、下半身は進行方向を向けたまま、上半身をBの方へ向けて走りながらボールを投げる
  4. Bは走りながらボールをキャッチし、投げ返す
  5. 一連の動きを繰り返し、20m程進む

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】親子で楽しめる! ゴールキーパーのための、スペシャルメニュー

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ