1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】ママと一緒に 風呂あがりストレッチ教室

親子でチャレンジ

【前編】ママと一緒に 風呂あがりストレッチ教室

2010年12月 8日

カラダが柔らかければ、手足が動く範囲が広がり、キックのパワーが高まったり、歩幅が広がったりと、サッカー選手にはメリットが多くなってきます。小学生年代ではパワーをつける筋力アップというより、カラダの柔軟性をキープするようなストレッチを習慣化することが重要なのです。そこで横浜F・マリノスのフィジカルコーチである高橋一隆さんに、家でもカンタンに出来る効果的なストレッチトレーニングについて聞いてみました。お風呂あがりにカラダが暖まった状態で行えればより効果的!ママと子どもで一緒に行えば、ママはスッキリダイエット効果も満点、子どもはサッカーのための体づくりに役立ちます。

チャレンジ01 まずは基本中の基本。ももの「裏側」を伸ばす

0004711.gif

ストレッチでは、カラダのどの部分を伸ばしているかを意識するのが重要です。カラダを「裏側」「表側」「外側」「内側」という4つの部分に分け、それぞれをじっくり伸ばしていきましょう。まずは「裏側」。ももの裏側を意識して伸ばす方法です。つま先は上に向け、背中が丸まらないようにゆっくりつま先を触れる位置まで、カラダを前に倒していきます。一気にカラダを倒すと筋肉を痛めてしまうこともあるので、ゆっくりじんわりとつま先を触れる位置までカラダを倒しましょう。つま先を触った状態で約10秒前後キープします。

■チャレンジ02 立った状態からももの「裏側」を伸ばす

0004712.gif 0004713.gif

1  2

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】ママと一緒に 風呂あがりストレッチ教室

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ