1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 怒鳴るだけのざんねんコーチにならないためのオランダ式サッカー分析

本・書籍

2017年7月28日

怒鳴るだけのざんねんコーチにならないためのオランダ式サッカー分析

The Soccer AnalyticsCOACH UNITED ACADEMYの講師としてもお馴染み白井裕之氏による初めての著書が発売されました。
 
「何回言ったら分かるんだ!」「何でそんなプレーするんだ!?」「やる気を出せ!集中しろ!」いくら言っても選手が言うことを聞いてくれない。なぜでしょう?
 
それは、選手に理解できる形でサッカーを分析し、選手に問題点を伝えられていないからかもしれません。
 
オランダサッカーには誰でも使えるゲーム分析の公式があります。同じものを見ても人によって感じ方は違います。サッカーを分析するには共通の基準が必要と合理的なオランダ人は考えました。年齢、性別、国籍、レベルにかかわらない独自の分析メソッドを知りたくないですか?
 
名門アヤックスで認められ、オランダナショナルチームの分析アナリストとして活躍する白井裕之氏が、自らの経験とその手法について本書で紹介しています。
 
サッカーの観方や選手への伝え方を知りたいというビギナーコーチ、これから海外を指導者を目指す若い方にも非常に参考にしていただける内容です。
 
shiraisan_book.jpg
 
【目次】
 
はじめに
 
第1章 サッカーとは何か?
コラム① 分析論は料理のレシピ作り
 
第2章 「客観」のオランダと「主観」の日本
コラム② 超客観主義者のファン・ハール
 
第3章 「サッカーの構造」をシンプルに分解する
コラム③ メンタルとは何でしょう?
 
第4章 あなたの言葉が選手に伝わらない理由
コラム④ 名スカウトに聞いた“いい選手”の条件
 
第5章 フィールドを3つに分ける
コラム⑤ 分析の怪人トニー・ブランスロット
 
第6章 自分たちのサッカーってなんだ?
コラム⑥ ブランド重視の監督選びは非効率
 
第7章 分析ができるコーチは怒鳴らない
コラム⑦ 白井式「フィルター分析」のススメ
 
第8章 トレーニングには「公式」がある
コラム⑧ 「分析=相手のスカウティング」ではない
 
特別収録 欧州最先端のアナリスト事情
 
おわりに
 
 
著者:白井裕之
(オランダ代表U-13・14・15 Future ゲーム・ビデオ分析アナリスト)
1977年愛知県名古屋市生まれ。18歳から指導者としての活動をスタート。24歳でオランダに渡り、アマチュアクラブで13歳から19歳までのセレクションチームの監督を経験。11-12シーズンからアヤックスのアマチュアチームにアシスタントコーチ、ゲーム・ビデオ分析担当者として加入し、その後13-14シーズンからアヤックス育成アカデミーのユース年代専属アナリストを務めた。現在は同クラブのワールドコーチングコンサルタントとして、外国のサッカー協会やクラブとのパートナーシップ下での活動や選手のスカウティングを担当している。また、2016年10月からオランダ代表U-13・14・15Futureチームの専属アナリストも務めている。オランダサッカー協会指導者ライセンスTrainer/coach 3, 2(UEFA C, B)を取得。
 
1

本・書籍コンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 怒鳴るだけのざんねんコーチにならないためのオランダ式サッカー分析