1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 池上正の子どもが伸びるサッカーの練習

本・書籍

2017年4月20日

池上正の子どもが伸びるサッカーの練習

ベストセラー『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者、池上正さん監修による最新刊が発売。
 
ikegami_book0420.jpg
 
本書は初の練習メニュー本となり、子どもたちがより楽しく、よりうまくなるための練習を紹介しています。すべてのメニューに対象年齢、人数、プレー時間の目安とその練習のねらいを表示し、さらに池上流指導のコツの解説付き。
 
これまで約50万人の子どもを教えてきた池上さんのノウハウがつまっている、すべてのサッカーコーチ、親御さんにおすすめの一冊です。
 
【本書の特徴】
はじめての子も、上手な子も皆が楽しくうまくなる“池上メソッド"
 
○はじめての子もできる練習を多数収録
○周囲を見る力、考える力を育てるメニューが満載
○練習がうまくいかないときは? 子どもへの声かけを紹介
○さまざまな年代を交ぜて練習を!
○年齢によって伸びやすい能力がある
○現代っ子に足りない要素を練習で身につける!
 
発売日:2017年4月14日
出版社:池田書店
単行本:ソフトカバー176ページ
価格:1480円(税抜)
購入先:全国書店、インターネット書店
 
監修:池上正(いけがみ ただし)
「NPO法人I.K.O市原アカデミー」代表。
大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼児や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。
12年より16年シーズンまで、京都サンガF.C.で育成・普及部部長などを歴任。京都府内でも出前授業「つながり隊」を行い10万人を指導。ベストセラー『サッカーで子どもがぐんぐん伸びる11の魔法』(小学館)、『サッカーで子どもの力をひきだすオトナのおきて10』をはじめ、近著の『サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典』(ともに監修/カンゼン)など多くの著書がある。
 
著者:清水英斗(しみず ひでと)
岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合を切り取るサッカーライター。日本代表、Jリーグ、海外サッカーなどを幅広く取材している。編集として「サッカードイツ流タテの突破力」、「サッカー守備ディフェンス&ゴールキーパー練習メニュー100」、「イタリアに学ぶ ストライカー練習メニュー100」(いずれも池田書店)などに携わっている。
 
1

本・書籍コンテンツ一覧へ(176件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 池上正の子どもが伸びるサッカーの練習