1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 「残心」Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日

本・書籍

2016年4月26日

「残心」Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日

キーワード:中村憲剛川崎フロンターレ

Jリーガー中村憲剛の生きざまを描いた人物ノンフィクション。南アフリカ・ワールドカップで残した大きな悔いを、ブラジルの地で晴らしたい。そのために中村は「日本代表」と「川崎フロンターレ」、2つの車輪で前進しようとするのだが――。
 
zanshin.png
 
苦悩と歓喜の日々の先に待っていたのは、代表メンバーからの落選だった。高い壁にぶつかり、それを乗り越えたと思ったら、今度は落とし穴に落っこちて、這い上がる。その繰り返しだった。それでも中村は、その経験をバネにして、未来を手繰り寄せてきた。
 
「だからね、未来は常に明るいんですよ」
 
挑戦と挫折を繰り返し、35歳を迎えた今なお「サッカーがうまくなりたい」と悪戦苦闘を続ける、プロアスリートの物語。
 
【目次】
1章 落選 運命の一日
2章 激闘 南アフリカでの葛藤
3章 渇望 高まる移籍熱
4章 波瀾 思わぬすれ違い
5章 新風 理想のサッカーとの出会い
6章 焦心 揺れ動く日本代表への想い
7章 疾走 史上最高の中村憲剛
8章 閃光 届かなかったブラジル
終章 熱源 いつだって未来は明るい
 
【中村憲剛選手からのコメント】
2004年のJ2時代から誰よりも近くで自分のことを観てくれたライター飯尾篤史さんに、2010年南アフリカW杯から今までを描いていただきました。自分なりの挑戦や挫折をずっとそばで見続けてくれた飯尾さんだからこその内容となっています。ぜひ、多くの方に読んでいただけると嬉しいです。
 
【著者紹介】
飯尾篤史(いいお・あつし)スポーツライター。1975年生まれ、東京都出身。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て出版社に勤務し、サッカー専門誌の編集記者を務める。2012年からフリーランスに転身。ワールドカップをはじめ、国内外のサッカーシーンを中心に精力的な取材活動を続け、スポーツ誌、サッカー専門誌などに寄稿している。
 
 
KENGOアカデミーメルマガ会員に抽選で
憲剛選手の直筆サイン入り「残心」を10名様にプレゼント!
※メルマガに未登録の方は以下よりご登録ください
※登録〆切:2016年5月15日(日)
IMG_7580_600.jpg

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(159件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 「残心」Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日