1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. アギーレ 言葉の魔術師

本・書籍

アギーレ 言葉の魔術師

2014年10月10日

キーワード:新刊日本代表

惨敗に終わった『ブラジル』後、新生サッカー日本代表が動き出した。新指揮官の名はハビエル・アギーレ。
 

book1010.jpg

 
選手として、また監督としてW杯の経験があり、クラブ監督としては窮地にあったチームを甦らせる「火消し屋」として選手のモチベーションコントロールに定評のある人物だ。本書は、スペイン大手スポーツ紙の支局編集局長を務める熟練スペイン人記者の協力のもと、アギーレのキャリアや性格、好みの戦術や監督としての手腕を徹底解説した。加えて、日本サッカーが進むべき新たな道を、アギーレの発する言葉の分析を手がかりに、育成・強化の視点も交えながら説いていく。
 
 
<<著者紹介>>
小澤 一郎
1977年、京都府生まれ。早稲田大学卒業後、社会人経験を経て渡西。バレンシアで5年間活動し、2010年に帰国。日本とスペインで育成年代の指導経験を持ち、指導者目線の戦術・育成論やインタビューを得意とする。多数の媒体に執筆する傍ら、サッカー関連のイベントやラジオ、テレビ番組への出演も。主な著書に『サッカー日本代表の育て方』(朝日新聞出版)、『日本はバルサを超えられるか』(河出書房新社)、『サッカー選手の正しい売り方』(カンゼン)、『スペインサッカーの神髄』(ガイドワークス)、訳書に『ネイマール 若き英雄』(実業之日本社)、構成書に『サッカーの新しい教科書』(カンゼン)など。
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. アギーレ 言葉の魔術師

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ