1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 世界と闘うサムライブルーの必勝ごはん

本・書籍

世界と闘うサムライブルーの必勝ごはん

2014年5月16日

キーワード:レシピ新刊日本代表

サッカー日本代表料理人による心と体が元気になる栄養満点のレシピ本。
 

世界と闘うサムライブルーの必勝ごはん

 
選手に人気のおかずをはじめ、目的別のバランス献立や試合前後の献立など役立つ情報も満載。スポーツ少年・少女にぜひ食べさせたい!
 
■内容紹介
 
Part1:世界と闘う 選手に人気のおかず10
COLUMN1 「試合へ向けての食事」を作ることが仕事
COLUMN2 海外のホテルで食事の準備をするということ
 
Part2:心と体を強くする 目的別バランス献立
・持久力をつけるために
・体脂肪率を下げ筋力を高めるために
・鉄分不足を補うために
・疲労から回復するために
・食欲がないときの栄養補給に
COLUMN3 試合当日の私の仕事
COLUMN4 子どもたちに野菜を食べてもらうために
 
Part3:試合で100%の力を 発揮する勝負献立
・試合に向けたコンディショニングのために
・試合で最後まで走りきるために
・試合後の体の回復のために
COLUMN5 カレーライスは試合後の定番メニュー
 
 
■著者
西芳照
1962年生まれ。福島県南相馬市出身。サッカー日本代表専属シェフ。高校卒業後に京懐石などの料理店で和食の修行を積む。97年、福島県楢葉町のJヴィレッジのレストランに勤務、99年に総料理長に就任。2004年3月、ドイツワールドカップ・アジア地区予選に日本代表の専属シェフとして初めて帯同。以来、日本代表の海外遠征試合に帯同し、選手やスタッフを食で支える。2011年の東日本大震災の原発事故によりJヴィレッジは原発作業のための中継基地となったが、その後も作業員の方々のためにレストランで食事を提供し続けている。また、Jヴィレッジに近接するレストラン「アルパインローズ」を営業し、地域住民やサッカーファンから愛されている。「あたたかい料理を出してあげたい」その一念で日々腕を振るう。著書に『サムライブルーの料理人』(白水社)。
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 世界と闘うサムライブルーの必勝ごはん

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ