1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. サッカー日本代表「個の力」の本当の意味

本・書籍

サッカー日本代表「個の力」の本当の意味

2014年4月23日

キーワード:新刊日本代表

代表選手を読み解けば、日本サッカーの『現在地』が見えてくる!
 

 

サッカー日本代表「個の力」の本当の意味

 

本田圭佑、香川真司、長友佑都、内田篤人、岡崎慎司、遠藤保仁、大迫勇也……。日本代表選手の特出した「個の力」を人気サッカー専門紙『エル・ゴラッソ』の記者3人が、徹底分析!代表戦や所属チームで取材し続けている記者だからこそ描ける知られざるエピソードやコメントを交えてわかりやすく解説。代表選手を読み解くことで、日本サッカーの“現在地"が見えてくる。「個の力」の本当の意味とは!?
 
<内容紹介>
■本田圭佑の「求心力」 文/ 西川結城
■香川真司の「技術力」 文/ 河治良幸
■内田篤人の「観察力」 文/ 田中滋
■岡崎慎司の「判断力」 文/ 西川結城
■長谷部誠の「牽引力」 文/ 河治良幸
■大迫勇也の「決定力」 文/ 田中滋
■長友佑都の「推進力」 文/ 河治良幸
■清武弘嗣の「共鳴力」 文/ 田中滋
■川島永嗣の「継続力」 文/ 河治良幸
■吉田麻也の「統率力」 文/ 西川結城
■遠藤保仁の「不動力」 文/ 西川結城
■今野泰幸の「対応力」 文/ 河治良幸
■柿谷曜一朗の「創造力」 文/ 田中滋
■山口蛍の「調整力」 文/ 西川結城
■森重真人の「反発力」 文/ 田中滋
 
<著者プロフィール>
河治 良幸 Yoshiyuki KAWAJI
東京都出身。サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』で日本代表を担当し、プレー分析を軸にグローバルな視点でサッカーの潮流を見続ける。セガ『WCFF』シリーズの開発に携わり、手がけた選手カードは5,000枚を超える。著書には『勝負のスイッチ』(白夜書房)、『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』(ソル・メディア)、『日本代表ベスト8』(ガイドワークス)がある。
 
田中 滋 Shigeru TANAKA
東京都出身。大学時代に始めたラクロスにのめり込み、ヘッドコーチを務めるなど活躍。大学を卒業後は会社員として働くが、2003年に一念発起してスポーツライターに転身。2008年からは鹿島アントラーズの担当記者として、チームを見続けている。著書には『常勝ファミリー・鹿島の流儀』、『鹿島の精髄 語録からみる常勝の極意』(出版芸術社)など多数。
 
西川 結城 Yuki NISHIKAWA
愛知県出身。大学在学中より横浜FCの専属ライターとして活動を開始。2007年より名古屋グランパスとFC岐阜の担当記者を務める。現在日本代表で活躍する本田圭佑や吉田麻也を若い時代から取材する機会に恵まれる。2013年からは川崎フロンターレ担当に。Jリーグから日本代表、海外サッカーまで幅広く取材。サッカー、スポーツ誌各媒体にも寄稿している。
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. サッカー日本代表「個の力」の本当の意味

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ