1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

本・書籍

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

2013年4月 1日

キーワード:ガンバ大阪新刊日本代表

ガンバ大阪所属の遠藤保仁とサッカージャーナリストの西部謙司氏の共著「眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意」が4月3日(水)に発売される。日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤が自身のプレービジョンやサッカー観、戦術理論について語った一冊。また、「眼・術・戦」の極意について西部氏が分析・解説しながら紐解いていく。なお、4月7日に万博陸上競技場で開催される東京V戦にて販売されるとのこと。
 
<<内容紹介>>
 
●第一章 『眼』
 
ピッチでは眼(視覚)で状況をとらえることからはじまる。遠藤は眼からどのような情報を集めているのか?
ボールやゴール、敵味方21名、時にはベンチにいたるまで。優位な戦況を作り出せるかどうかは眼で決まる。
遠藤が日頃から見ている試合の風景を紐解く。
 
優位な戦況を作る眼
少年が見ていたブランコと、敵の監督
ダイレクト・ロング・スルーパス
レシャックに出会って確信を得る
とられないの前提
量より質
こだわりのパス
楽しさの原点
 
●第二章 『術』
 
眼でとらえた情報だけではプレーできない。実行するには技術が必要になる。
一見すると、遠藤は派手なプレーをしない。それでも正確かつ大胆に淡々とプレーする。
遠藤がこだわる技術とは何か?
ゲームをあやつる術を解き明かす。
 
ゲームをあやつる術
プロゴルファー猿?
シュートはコース
守備での貢献
変幻自在のポジショニング
間で受ける
同数なら守れる
もし、遠藤保仁が監督だったら
ピッチで生きる「術」
 
●第三章 『戦』
 
サッカーにおける戦い方とは何か?勝つために効果的な「戦法」のことだ。
ただ遠藤が目指しているのはそれだけではない。戦術が楽しめること、そして観客を魅了することにある。
そこで遠藤に理想の戦い方について聞いた。
 
理想とする戦法
南アフリカW杯の成功と後悔
貫いてボロ負けしたほうがいい
日本代表の成熟
日本スタイルの現在地
強者の立場へ
奪えなかったゴール
フィジカルとの戦い
日本対策との戦い
ザッケローニ監督とチームメート
これからのサッカー、Jリーグ 
 
『眼・術・戦 ―ヤット流ゲームメイクの極意―』が2013/4/3に発売!(ガンバ大阪公式HP)>>
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
ストライカーDX特別編集「DVDで楽しむ!Jリーグすごいワザ」
サッカー新刊情報
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(159件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  4. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  7. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  8. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  9. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  10. 「バルサの闘将」も学び続けていた『守備における個人戦術』
    2017年11月21日

一覧へ