1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 北澤豪著『サッカーが子どものこころを育てる』

本・書籍

北澤豪著『サッカーが子どものこころを育てる』

2011年10月19日

キーワード:こころ

kitazawa.jpg
【書評】北澤豪著『サッカーが子どものこころを育てる』

<<内容>>
元日本代表・北澤豪さんがサッカーのすばらしさを語る本です。
足が遅くても体が小さくても大丈夫!弱点が子どもを強くする。
子どもがのびのびと心を育むために大人はどう接したらよいか、
どう声をかけたらよいかなど、具体的なアドバイスも紹介されています。

<<レビュー>>
『サッカーをやっている子どもを持つ親は全員読んでもらいたい』。
これがこの本を読んだ感想です。
 
サッカーを通して、子どもが冒険や発見を繰り返し、
どんどんサッカーを好きになっていく。
うれしい、くやしい、次はどうやろう、そうやって成長していく。
親や指導者は、先回りして教えるより、
子供自身が気づくのを待つ方がいいと書かれていました。
 
本当にそのとおりだと思います。
親に出来るのは自信をつけてあげたり、励ましてあげたりすること。
そうすれば子どもは勝手に成長するのだろう。
サッカーを通して子どもの心を育てる、
とても重要なテーマだ。
 
1
サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. 北澤豪著『サッカーが子どものこころを育てる』

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  3. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ