1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. サッカーは"後出し"でうまくなる!脳を鍛えて相手との駆け引きに勝とう

練習メニュー

サッカーは"後出し"でうまくなる!脳を鍛えて相手との駆け引きに勝とう

2016年6月15日

キーワード:いやでもうまくなるトレーニングメソッドリフティング村松尚登脳トレ親子でできる

【村松尚登のいやでもうまくなるトレーニングメソッド4】
 
サッカーの本質は“ゲーム性”に由来する相手との駆け引きにあります。したがって、駆け引きの質を高めれば、プレーそのものの質を高めることができると信じています。複雑課題による脳トレは、駆け引きの質を高めるためにきわめて有効です。脳の回転スピードを高めることで、駆け引きの局面でいくつもの選択肢をもつことができ、それを瞬時に判断できる、あるいは相手の動きをギリギリまで見極めたうえで自らのプレーを選択することができる。だからこそ脳トレはプレーのレベルを高めることにつながり、“後出しジャンケン”を可能にする下地をつくってくれるのです。
 
今回は、相手との駆け引きに強くなる脳トレを紹介します。(コンテンツ提供 株式会社講談社)
 
※本稿は、『サッカー上達の科学 いやでも巧くなるトレーニングメソッド』(著者・村松尚登、講談社/刊)の一部を転載したものです。
 

■温かい/冷たい・リフティング

動画NO.121 「温かい/冷たい・リフティング」
 

■ミスが出てもおかしくない“ギリギリの難易度”でチャレンジしよう

2人一組でリフティングをしながら、パスをする際に「温かい」もしくは「冷たい」を指定します。パスを受ける側は、「温かい」と指定されたら「温泉」など、「冷たい」を指定されたら「氷」などと言いながらボールを受け、パスを返す際に「温かい/冷たい」を指定します。
 
このトレーニングのバリエーションは多く、指定ワードを変えることで、難易度や楽しめる度合いを調整できます。たとえば、「家の外にあるもの」と「家の中にあるもの」という区分など、脳にとって“ギリギリの難易度”となるような組み合わせを考えてチャレンジしてみてください。
 
リフティングは、ワンバウンドで行ってもかまいません。その場合でも、ミニ・テニスコート内でリフティングをするなど、動ける範囲を限定することで、難易度を調整可能です。
 
atodashi_01.png
 
※本稿は、『サッカー上達の科学 いやでも巧くなるトレーニングメソッド』(著者・村松尚登、講談社/刊)の一部を転載したものです。
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1
コンテンツ提供 株式会社講談社

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(340件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. サッカーは"後出し"でうまくなる!脳を鍛えて相手との駆け引きに勝とう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日
  10. フットサルでいじめ・虐待防止を訴える 川崎市が「オレンジリボン・ファミリーカップ」開催
    2017年1月13日

一覧へ