1. サカイク
  2. トピックス
  3. hummel V・ファーレン長崎と平和祈念ユニフォームを作成

トピックス

hummel V・ファーレン長崎と平和祈念ユニフォームを作成

2016年6月 8日

キーワード:V・ファーレン長崎ヒュンメルユニフォーム

1945年8月9日、長崎市に原子爆弾が投下され、24万といわれる人口のうち約 7.4万人が死没し、建物の約36%が全焼、または全半壊という凄まじい被害をもたらしました。昨年、未曾有の惨事から70年を迎え、ヒュンメルが、V・ファーレン長崎と平和を祈念したユニフォームを作成しました。
 
hummel_nagasaki_banner.jpg
 
このニュースは、日本だけでなく、欧米のメディアでも紹介されたり、「子どもと一緒に平和について考えるきっかけになった」、「戦争について考える日が一日増えた」という前向きな声が多く届きました。
 
■昨年の着用写真
YW1_1870-2.jpg
 
A4D_5453-2.jpg
 
 
今年も昨年に続き、哀悼の意を込めて、平和祈念ユニフォームを作成します。7月31日(日)町田戦、8月14日(日)金沢戦、および8月21日(日)愛媛戦のホームゲーム3試合限定でこの平和祈念ユニフォームを着用します。
 
■今年のユニフォームデザイン
nagasaki_uni2016.jpg
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. hummel V・ファーレン長崎と平和祈念ユニフォームを作成

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ