1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「サッカーのテクニックトレーニング」受付スタート

トピックス

「サッカーのテクニックトレーニング」受付スタート

2014年7月11日

キーワード:セミナー

ドイツサッカー協会に所属し、全育成世代のテクニックトレーニングの統括など、A代表チームのアドバイザーも務めているマルセル・ルーカセン氏が初来日、「サッカーのテクニックトレーニング」をセミナーを実施する。
 
ベーシックコースの内容は、レイモンド・フェルハイエン氏による「サッカーのピリオダイゼーション」セミナー同様、世界各国で開催されているWFA主催のセミナーに内容、情報量も全て統一されたWFA公認コース。屋内での講義にて「サッカー」の特徴を分析することで「サッカー」に特化したアクションとは何かを正しく定義し、その後、屋外の実践にてその特徴を失うことなく単純化した「サッカー」のテクニックトレーニングを実際にプレーしてながら紹介する。
 
<<開催概要>>
 
■セミナー日程・会場
2014年8月9日(土) 9:45~17:30(予定)
<大阪・J-GREEN堺 大会議室&天然芝フィールド> ベーシックコース
 
2014年8月10日(日) 9:45~17:30(予定)
<横浜・スポーツ医科学センター&しんよこフットボールパーク> ベーシックコース
 
■コース内容
 
★ベーシックコース(所要時間 : 約5時間) 講師 : マルセル・ルーカセン
どなたでも参加可能な【サッカーのテクニックトレーニング】の紹介・導入コースです。ワールドフットボールアカデミー主催で行われている同コースに内容や情報量を統一した世界共通コースとなっております。 
 
(1)Introduction of Football Action Analysis Model(講義)
パワーポイントやビデオクリップを用いて、パスやコントロール、フリーランニング、プレスといったサッカーのアクションを分析し、サッカーに特化したアクションとは何かを定義します。
 
(2)Practical Session with coaches(実践)
1で定義したサッカーのアクションを実際に体験して頂くため、受講者の方々にはマルセル・ルーカセン氏によるトレーニングセッションにご参加頂きます。
 
(3)Evaluation Practical Session(講義)
2で体験して頂いたトレーニングセッションを受講者の皆様と一緒に評価します。その結論に基づき、受講者の皆様をグループ分けして、特定のトレーニングを各グループでご考案頂きます。
 
(4)Practical Session with players(実践)
3で考案して頂いたトレーニングを用いて、各グループにて他のグループの受講者の皆様を対象にトレーニングセッションを行って頂き、その中でルーカセン氏は、特にサッカーのアクションの細かな部分の指導に焦点を当てていきます。
 
※日本語通訳を介して進行致しますが、WFAの意向によりパワーポイントや配布資料は全て英語となります。
※「ベーシックコース」を受講された方は来年度開催予定の「アドバンスコース」にお進み頂くことが出来ます。
 
■主催:ワールドフットボールアカデミー・ジャパン、J-DREAM
■協力:近畿日本ツーリスト(株)、株式会社イースリー、オランダ政府観光局
 
【お申し込みの詳細】
日本初開催!「サッカーのテクニックトレーニング」ベーシックコース受付開始!!
 
 
【関連記事】
韓国代表をW杯ベスト4に導いたトレーニング理論【サッカーのピリオダイゼーション1】
練習の"質"を高めるにはサッカーの分析が重要【サッカーのピリオダイゼーション2】
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「サッカーのテクニックトレーニング」受付スタート

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ