1. サカイク
  2. トピックス
  3. U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

トピックス

U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

2011年9月20日

キーワード:五輪日本代表

ロンドン五輪のアジア最終予選に臨むU‐22サッカー日本代表は19日、マレーシア戦の試合会場である佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで、約2時間練習を行い、ほとんどを非公開にして戦術の確認などを行なった。
U-22代表の中心を担う、清武弘嗣(C大阪)、東 慶悟(大宮)、大迫勇也(鹿島)、山村和也(流通経済大学)の4人は九州出身、永井謙佑(名古屋)も生まれは広島だが、小学校から大学までを福岡県で育っている。全員がスタメンで出場すれば、なんとフィールドの半数近くは九州男児。どの選手も攻撃のキーマンだけに、日本の五輪出場は、九州男児にかかっていると言っても過言ではない。
 
<<出身校・チーム>>
●清武弘嗣:大分トリニータU-18
●東慶悟 :大分トリニータU-18
●永井謙佑:福岡大学
●大迫勇也:鹿児島城西高校
●山村和也:国見高校(長崎)
 
※ロンドン五輪のアジア最終予選は来年3月まで。日本はマレーシア、バーレーン、シリアと争うC組で1位になれば5大会連続9度目の五輪出場が決まる。2位となった場合はプレーオフに回る。
 
【関連リンク】
U-22日本代表の大学生コンビのインタビューこぼれ話
U-22マレーシア代表戦(@鳥栖)はチケット完売!
U-22主将、MF山村(流通経大)がJ1鹿島へ
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  9. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ