1. サカイク
  2. トピックス
  3. U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

トピックス

U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

2011年9月20日

キーワード:五輪日本代表

ロンドン五輪のアジア最終予選に臨むU‐22サッカー日本代表は19日、マレーシア戦の試合会場である佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで、約2時間練習を行い、ほとんどを非公開にして戦術の確認などを行なった。
U-22代表の中心を担う、清武弘嗣(C大阪)、東 慶悟(大宮)、大迫勇也(鹿島)、山村和也(流通経済大学)の4人は九州出身、永井謙佑(名古屋)も生まれは広島だが、小学校から大学までを福岡県で育っている。全員がスタメンで出場すれば、なんとフィールドの半数近くは九州男児。どの選手も攻撃のキーマンだけに、日本の五輪出場は、九州男児にかかっていると言っても過言ではない。
 
<<出身校・チーム>>
●清武弘嗣:大分トリニータU-18
●東慶悟 :大分トリニータU-18
●永井謙佑:福岡大学
●大迫勇也:鹿児島城西高校
●山村和也:国見高校(長崎)
 
※ロンドン五輪のアジア最終予選は来年3月まで。日本はマレーシア、バーレーン、シリアと争うC組で1位になれば5大会連続9度目の五輪出場が決まる。2位となった場合はプレーオフに回る。
 
【関連リンク】
U-22日本代表の大学生コンビのインタビューこぼれ話
U-22マレーシア代表戦(@鳥栖)はチケット完売!
U-22主将、MF山村(流通経大)がJ1鹿島へ
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ