1. サカイク
  2. トピックス
  3. U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

トピックス

U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

2011年9月20日

キーワード:五輪日本代表

ロンドン五輪のアジア最終予選に臨むU‐22サッカー日本代表は19日、マレーシア戦の試合会場である佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで、約2時間練習を行い、ほとんどを非公開にして戦術の確認などを行なった。
U-22代表の中心を担う、清武弘嗣(C大阪)、東 慶悟(大宮)、大迫勇也(鹿島)、山村和也(流通経済大学)の4人は九州出身、永井謙佑(名古屋)も生まれは広島だが、小学校から大学までを福岡県で育っている。全員がスタメンで出場すれば、なんとフィールドの半数近くは九州男児。どの選手も攻撃のキーマンだけに、日本の五輪出場は、九州男児にかかっていると言っても過言ではない。
 
<<出身校・チーム>>
●清武弘嗣:大分トリニータU-18
●東慶悟 :大分トリニータU-18
●永井謙佑:福岡大学
●大迫勇也:鹿児島城西高校
●山村和也:国見高校(長崎)
 
※ロンドン五輪のアジア最終予選は来年3月まで。日本はマレーシア、バーレーン、シリアと争うC組で1位になれば5大会連続9度目の五輪出場が決まる。2位となった場合はプレーオフに回る。
 
【関連リンク】
U-22日本代表の大学生コンビのインタビューこぼれ話
U-22マレーシア代表戦(@鳥栖)はチケット完売!
U-22主将、MF山村(流通経大)がJ1鹿島へ
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7252件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. U-22は九州男児が攻撃の鍵を握る!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  2. チームでいじめ発見どうしよう問題
    2017年5月17日
  3. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  4. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 足首の角度で蹴り分ける「インステップキック」
    2017年5月15日
  7. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  8. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 【関東会場】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
    2017年5月 2日

一覧へ