1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 「サッカーできることが幸せ」~活動を再開したベガルタ仙台ジュニア

東北の元気を届ける『仙台だより』

「サッカーできることが幸せ」~活動を再開したベガルタ仙台ジュニア

2011年4月22日

キーワード:コラムベガルタ仙台仙台だより応援プロジェクト

バナー1通.png

日本を襲った大震災から約1カ月。被災地では、まだまだ困難な状況が続きながらも、少しずつ落ち着きを取り戻し、復興への歩みを進めています。そして、サッカーも同様に一歩ずつ、新しい未来を紡ぎ始めました。サカイクでは、仙台を中心とした被災地で、復興・復旧へ向け、頑張っているジュニアチームや育成年代の活動の様子を『仙台だより』として毎月、お届けします。

■復興への歩み

 東日本大震災から1カ月以上経とうとしていますが、今回の災害は未曾有の大災害であることを実感しています。私の住む仙台市も、沿岸部は未だにがれきの撤去など復旧作業がなかなか進んでおりません。ただ、津波を受けなかった仙台市の中心部は、徐々に都市機能を取り戻し、復興の足音が聞こえ始めました。震災直後は雪が降るなど非常に寒い日が続きましたが、仙台市内でも桜が咲き始め、公園へお花見に繰り出す人も出始めました。確実に春はやって来て、少しずつ街は復興の道を歩んでいます。

 サッカー界も少しずつ、復興に向けて歩みを始めようとしています。ベガルタ仙台は3月29日から練習を再開し、いよいよ4月23日のJリーグ開幕に向けて最終調整の段階に入っています。

11.4.22-1.jpg 11.4.22-2.jpg

 そのベガルタ仙台のアカデミーの中には小学生チームである「ベガルタ仙台ジュニア」があります。ベガルタ仙台ジュニアは2005年に設立され、今年で創設7年目を迎えるチームです。全日本少年サッカー大会決勝大会には過去4回出場し、昨年は悲願だった決勝トーナメント進出も果たすことが出来ました。

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

東北の元気を届ける『仙台だより』コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 「サッカーできることが幸せ」~活動を再開したベガルタ仙台ジュニア

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  2. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  7. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  8. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ