1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 「サッカーできることが幸せ」~活動を再開したベガルタ仙台ジュニア

東北の元気を届ける『仙台だより』

「サッカーできることが幸せ」~活動を再開したベガルタ仙台ジュニア

2011年4月22日

キーワード:コラムベガルタ仙台仙台だより応援プロジェクト

バナー1通.png

日本を襲った大震災から約1カ月。被災地では、まだまだ困難な状況が続きながらも、少しずつ落ち着きを取り戻し、復興への歩みを進めています。そして、サッカーも同様に一歩ずつ、新しい未来を紡ぎ始めました。サカイクでは、仙台を中心とした被災地で、復興・復旧へ向け、頑張っているジュニアチームや育成年代の活動の様子を『仙台だより』として毎月、お届けします。

■復興への歩み

 東日本大震災から1カ月以上経とうとしていますが、今回の災害は未曾有の大災害であることを実感しています。私の住む仙台市も、沿岸部は未だにがれきの撤去など復旧作業がなかなか進んでおりません。ただ、津波を受けなかった仙台市の中心部は、徐々に都市機能を取り戻し、復興の足音が聞こえ始めました。震災直後は雪が降るなど非常に寒い日が続きましたが、仙台市内でも桜が咲き始め、公園へお花見に繰り出す人も出始めました。確実に春はやって来て、少しずつ街は復興の道を歩んでいます。

 サッカー界も少しずつ、復興に向けて歩みを始めようとしています。ベガルタ仙台は3月29日から練習を再開し、いよいよ4月23日のJリーグ開幕に向けて最終調整の段階に入っています。

11.4.22-1.jpg 11.4.22-2.jpg

 そのベガルタ仙台のアカデミーの中には小学生チームである「ベガルタ仙台ジュニア」があります。ベガルタ仙台ジュニアは2005年に設立され、今年で創設7年目を迎えるチームです。全日本少年サッカー大会決勝大会には過去4回出場し、昨年は悲願だった決勝トーナメント進出も果たすことが出来ました。

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

東北の元気を届ける『仙台だより』コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 「サッカーできることが幸せ」~活動を再開したベガルタ仙台ジュニア

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ