1. サカイク
  2. 連載
  3. 子どもの潜在能力を引き出す4つの練習メニュー
  4. 子どもたちに「考えさせる」3人のパス練習
pocarisweat

子どもの潜在能力を引き出す4つの練習メニュー

子どもたちに「考えさせる」3人のパス練習

2017年7月31日

【この練習のテーマ:考えさせる】
 
3人が5m感覚で横並びに立ち、ボールを2つ使ってスタート。20mほど前方にあるゴールラインまで、3人で2つのボールをパスしながら前に進んでいく。ゴールラインに到達後、スタート位置まで同じ動きで戻る(往復する)。パスをするときはワンタッチ(ダイレクト)というルールを設ける。
 
ikegami_04.jpg
 
●動画でもチェック!
 
●この練習のポイント1
ワンタッチでパスを回すルールなので、判断を速くすることが大切です。最初はうまくいかないことが多いので、子ども達に「どうすればうまくいくか、話し合ってごらん」と考える時間を与えましょう。
 
●この練習のポイント2
パスが前ではなく、後ろに行ってしまうことがあります。そこで「前に進むために、前にボールを出すことを考えよう」と声をかけることで、攻撃方向へ進むにはどうすればいいかを考えるようになります。
 
●この練習のポイント3
この練習は実際の試合を想像すると、スムーズにできるようになります。そのためコーチは「ゴールを目指すにはどうすればいい?」など、試合とリンクする声掛けをすると良いと思います。
 

<PR>
~お子さんの潜在能力を引き出すために~正しい水分補給と効果的なトレーニングを
 
私たちの身体の水分には、真水だけではなく、ナトリウムなどのさまざまな電解質(イオン)が含まれています。大量の汗をかくことで水分と一緒にナトリウムなども失うので、身体の中のイオンバランスが崩れてしまい、パフォーマンス低下につながります。
 
ポカリスエットは体液に近いイオンバランスの飲料なので、サッカーで汗をかくなどして失われた水分やナトリウムなどの電解質(イオン)をスムーズに補給して、身体をやさしくうるおすことができるのです。
 
pocari.jpg
1

子どもの潜在能力を引き出す4つの練習メニューコンテンツ一覧へ(4件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 子どもの潜在能力を引き出す4つの練習メニュー
  4. 子どもたちに「考えさせる」3人のパス練習

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ