1. サカイク
  2. 連載
  3. 次の一歩を踏み出すために
  4. 宇佐美選手を支える試合当日のスペシャル朝食レシピとは?

次の一歩を踏み出すために

宇佐美選手を支える試合当日のスペシャル朝食レシピとは?

2016年9月20日

今夏、ガンバ大阪から更なる成長を求めてドイツのFCアウクスブルグへ移籍した宇佐美貴史選手。妻として食のチカラでサポートする宇佐美蘭さんにお話をお聞かせ頂き、宇佐美選手が実際の試合当日に摂っている朝食メニューのひとつ、「カボチャと挽肉のあんかけごはん」のレシピを教えて頂きました。
 
web_main.jpg
 
試合で力を発揮するために必要となるエネルギーに加え、ビタミンなどの栄養素も豊富で、しょうがの香りが食欲をそそるスペシャルな一品です。ぜひご家庭でお子さまに作ってあげてみてはいかがでしょうか?
 
oillio_09.jpg
 
【材料】(2人分)
ヘルシーリセッタ 小2
・しょうが 一片
・カボチャ 120g
・豚挽肉 120g
・玉ねぎのすりおろし 山盛り大1
・りんごのすりおろし 山盛り大1
・水 180ml
・水溶き片栗粉 適量
・ごはん
A
・しょうゆ 大2
・みりん 大1
・はちみつ 小2
・酒 大1
・塩 少々
 
【手順】
1.しょうがをみじん切りにして、カボチャを細かく切る。細かいほうがご飯になじみやすい。
 
937A5367_300.jpg937A5389_300.jpg
 
2.フライパンにヘルシーリセッタを敷き、しょうがを香りが出るまでよく炒め、そこに挽肉を加えてさらに炒める。
 
937A5424_300.jpg937A5459_300.jpg
 
3.2にカボチャを入れて、軽く炒める。
 
937A5460_300.jpg937A5468_300.jpg
 
4.3に水を入れて蓋をし、カボチャが柔らかくなるまで煮る。
 
937A5483_300.jpg937A5488_300.jpg
 
5.カボチャに火が通ったら、玉ねぎとりんごのすりおろしを入れ、さらにAを入れて味を調える。
 
937A5523_300.jpg937A5543_300.jpg
 
6.火はつけたまま水溶き片栗粉を入れ、トロミがつけばあんのできあがり。熱々のごはんの上にかけて召し上がってください。
 
937A5594_300.jpg937A5649_300.jpg
 
【宇佐美蘭さんのこだわりポイント】
●ごはんとカボチャで、十分な炭水化物を摂取
●油で炒めることで、カロテンの吸収率と腹持ちが向上
●豚肉に豊富なビタミンB1が、糖質をエネルギーに
●玉ねぎに含まれるアリシンで、疲労回復・代謝アップ
アマニ油を入れたオレンジジュースで、オメガ3を補給
 
「食事」の力で世界への挑戦をサポート 宇佐美蘭さんインタビュー(9月26日公開予定です。お楽しみに!)>>
 

★ジュニアアスリートの食卓を応援!★

 
 
risetta.jpgdma240.jpg
 
 
どんな試合でも、最後まで戦えるカラダづくりを!日清オイリオは「ヘルシーリセッタ」でアスリートを応援します
 
amani_08_220.jpgアマニ油正面_0817.jpg
1日のはじまりに!オメガ3のチカラを
 
“植物のチカラ®”で、カラダにいいこと。
 
oillio_logo_250.jpg
 
oillio_banner.jpg
 
ーキミの夢が、いつか日本の夢になるー
日清オイリオは全日本サッカー少年大会を応援しています。
 
seminer_02_300.jpgPR_right.jpg
(左)会場で保護者向け栄養セミナーを開催 (右)2006年より大会のサポートを継続
1

次の一歩を踏み出すためにコンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 次の一歩を踏み出すために
  4. 宇佐美選手を支える試合当日のスペシャル朝食レシピとは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ