1. サカイク
  2. 連載
  3. 次の一歩を踏み出すために
  4. 宇佐美選手を支える試合当日のスペシャル朝食レシピとは?

次の一歩を踏み出すために

宇佐美選手を支える試合当日のスペシャル朝食レシピとは?

2016年9月20日

今夏、ガンバ大阪から更なる成長を求めてドイツのFCアウクスブルグへ移籍した宇佐美貴史選手。妻として食のチカラでサポートする宇佐美蘭さんにお話をお聞かせ頂き、宇佐美選手が実際の試合当日に摂っている朝食メニューのひとつ、「カボチャと挽肉のあんかけごはん」のレシピを教えて頂きました。
 
web_main.jpg
 
試合で力を発揮するために必要となるエネルギーに加え、ビタミンなどの栄養素も豊富で、しょうがの香りが食欲をそそるスペシャルな一品です。ぜひご家庭でお子さまに作ってあげてみてはいかがでしょうか?
 
oillio_09.jpg
 
【材料】(2人分)
ヘルシーリセッタ 小2
・しょうが 一片
・カボチャ 120g
・豚挽肉 120g
・玉ねぎのすりおろし 山盛り大1
・りんごのすりおろし 山盛り大1
・水 180ml
・水溶き片栗粉 適量
・ごはん
A
・しょうゆ 大2
・みりん 大1
・はちみつ 小2
・酒 大1
・塩 少々
 
【手順】
1.しょうがをみじん切りにして、カボチャを細かく切る。細かいほうがご飯になじみやすい。
 
937A5367_300.jpg937A5389_300.jpg
 
2.フライパンにヘルシーリセッタを敷き、しょうがを香りが出るまでよく炒め、そこに挽肉を加えてさらに炒める。
 
937A5424_300.jpg937A5459_300.jpg
 
3.2にカボチャを入れて、軽く炒める。
 
937A5460_300.jpg937A5468_300.jpg
 
4.3に水を入れて蓋をし、カボチャが柔らかくなるまで煮る。
 
937A5483_300.jpg937A5488_300.jpg
 
5.カボチャに火が通ったら、玉ねぎとりんごのすりおろしを入れ、さらにAを入れて味を調える。
 
937A5523_300.jpg937A5543_300.jpg
 
6.火はつけたまま水溶き片栗粉を入れ、トロミがつけばあんのできあがり。熱々のごはんの上にかけて召し上がってください。
 
937A5594_300.jpg937A5649_300.jpg
 
【宇佐美蘭さんのこだわりポイント】
●ごはんとカボチャで、十分な炭水化物を摂取
●油で炒めることで、カロテンの吸収率と腹持ちが向上
●豚肉に豊富なビタミンB1が、糖質をエネルギーに
●玉ねぎに含まれるアリシンで、疲労回復・代謝アップ
アマニ油を入れたオレンジジュースで、オメガ3を補給
 
「食事」の力で世界への挑戦をサポート 宇佐美蘭さんインタビュー(9月26日公開予定です。お楽しみに!)>>
 

★ジュニアアスリートの食卓を応援!★

 
 
risetta.jpgdma240.jpg
 
 
どんな試合でも、最後まで戦えるカラダづくりを!日清オイリオは「ヘルシーリセッタ」でアスリートを応援します
 
amani_08_220.jpgアマニ油正面_0817.jpg
1日のはじまりに!オメガ3のチカラを
 
“植物のチカラ®”で、カラダにいいこと。
 
oillio_logo_250.jpg
 
oillio_banner.jpg
 
ーキミの夢が、いつか日本の夢になるー
日清オイリオは全日本サッカー少年大会を応援しています。
 
seminer_02_300.jpgPR_right.jpg
(左)会場で保護者向け栄養セミナーを開催 (右)2006年より大会のサポートを継続
1

次の一歩を踏み出すためにコンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 次の一歩を踏み出すために
  4. 宇佐美選手を支える試合当日のスペシャル朝食レシピとは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの体を大きくするためにはマスト?牛乳について気になること
    2017年4月25日
  2. チームに期待を持てず移籍を迷うんだが問題
    2017年4月26日
  3. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  4. 送迎も普段使いもレジャーにも!サッカーパパ&ママにとって「使い勝手がいい」3列シート
    2017年4月27日
  5. 東京国際ユース(U-14)サッカー大会の選手名簿が公開!
    2017年4月27日
  6. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  7. 基礎練習になると子どもたちが飽きてしまう。効果的かつ楽しめる練習メニューはある?
    2017年4月28日
  8. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  9. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  10. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日

一覧へ