1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015
  4. "パスサッカー=いいサッカー"ではない!正しいボールの動かし方とは?

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015

"パスサッカー=いいサッカー"ではない!正しいボールの動かし方とは?

2015年10月16日

サッカーサービス社が9月26日(土)に分析をテーマに開催した特別講習会。前回記事では、個人戦術の「認知」について取り上げましたが、後編となる今回はチーム戦術の「ボールの動かし方」についての内容をリポートします。(取材・文/小澤一郎)
 
IMG_5775_s.jpg
 
<<「首を振ろう」では足りない!「いつ」「なにを」見るのかが大切
 

■正しくボールを回すための3つの戦術コンセプト

グアルディオラ監督(現バイエルン・ミュンヘン監督)のFCバルセロナが圧倒的なボールポゼッションをベースとした攻撃サッカーで黄金期を築いたことで、日本でも「パスサッカー」という言葉やポゼッションをベースとするスタイルが流行しましたが、一方でボールを支配する、パスをつなぐことが目的化するチームが増えてしまう弊害もありました。
 
しかし、今年開催された「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015」を見ても「パスサッカー=善」という偏った信仰はどのチームからも消え去っている印象を受けました。そもそもスペインには「パスサッカー」などという言葉が存在せず、スペイン人コーチは「ポゼッションもカウンターもゴールを狙うための手段の一つ」と理解しています。
 
講習会においてサッカーサービス社のポール・デウロンデル氏は「これからボールの動かし方について話しますが、これをやればゴールを奪えるというわけではありません。そもそもサッカーにはたくさんの戦術があります」と前置きした上で、ボールの動かし方における3つの戦術コンセプトを紹介しました。
 
1.外―外への展開
2.外―中―外への展開
3.3人目を使う
 
いずれもU-12年代で覚えておきたい「ベーシックな戦術コンセプト」とポール氏は説明しますが、難易度は徐々に上がります。
 

■外ー外へのボールの動かし方

たとえば(1)は、右サイドから左サイドへの一発のサイドチェンジの展開も含まれますが、発育途上でサイドチェンジするにはまだ筋力が不足気味なU-12年代では、右サイドバックからセンターバック、左サイドバックというU字の展開が多くなります。
 
ボールの動かし方についての各コンセプトの分析ビデオでは、いずれもFCバルセロナのパス回しが紹介されました。(1)に関して3位決定戦(対ベトナム代表)におけるバルサの外―外の展開がモデルケースとして挙がりましたが、後方DFラインでボールを動かしながらもパスと展開のスピードが速いため相手守備のスライドが追いつかず、右サイドでボールを受けた選手がその時点でスペースと時間、つまりアドバンテージを持つパス回しになっていました。
 
ポール氏は何度か「チーム戦術の前に個人戦術があります」という前提を強調した上で、バルサの選手の認知レベルが高く、素早くいい判断ができていることが結果としてチームとして効果的にボールを動かすことにつながっている点について説明していました。また、ボールの動かし方においてポール氏は「ポゼッションの安定性が結果として選手一人一人に時間やスペースといった余裕を与え、それがいい認知につながる」点も論理的に話していました。
 
次ページ:外―中―外へのボールの動かし方

ss_01.jpg
世界で通用する「認知力」を身に付ける『サッカーサービススクール』>>
 

●おすすめ商品●

ジュニア年代でしっかり「認知力」を身に付ける

think2_img400x200.jpg

FCバルセロナのカンテラの指導経験もあるサッカーサービス社のコーチ陣が、サッカーに必要な「認知」「判断」「実行」を徹底解説。Jリーグの試合映像をもとに実際のプロ選手の動きから学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。

知のサッカー第2巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
1  2
取材・文/小澤一郎

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015コンテンツ一覧へ(15件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015
  4. "パスサッカー=いいサッカー"ではない!正しいボールの動かし方とは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  4. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  5. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  6. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  7. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ