1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015
  4. 「首を振ろう」では足りない!「いつ」「なにを」見るのかが大切

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015

「首を振ろう」では足りない!「いつ」「なにを」見るのかが大切

2015年10月14日

スペイン・バルセロナを本拠地とし、世界各地のジュニア選手からプロ選手を対象に、キャンプやクリニックを実施するサッカーサービス社が、9月26日(土)に都内で「日本のU-12× 世界のU-12 ~個人・チーム戦術から見た選手やチームの特徴とその違い~」をメインテーマに特別講習会を開催しました。
 
RCDエスパニョールの優勝で終わった「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015」の主要ゲームをサッカーサービス社のポール・デウロンデル氏が分析ツール「LongoMatch」を使用して分析、解説するというこの講習会では、個人戦術の「認知」とチーム戦術の「ボールの動かし方」の2つがテーマとなりました。前編となる今回は、「選手たちはピッチの上で実際に何を観ているのか」という認知のテーマを取り上げます。(取材・文 小澤一郎)
 
ss_02.jpg
 
 

■「認知」するための3つのコンセプト

冒頭でポール氏は「この講習会を通して伝えたいことは、目的を持って試合を観ることで分析や課題が明確になり、コーチであれば試合の分析結果を元にいいトレーニングを構築できる可能性が高くなることです」と説明しました。すべてのプレーのベースとなる「認知」において指導現場でよく耳にするのは「首を振ろう」という言葉ですが、ポール氏は「コーチはいつ、何を、どのように観るかということを具体的に指導することが大切です」と言います。
 
そのためにポール氏は認知における3つのコンセプトを紹介しました。
 
1.斜めのポジショニング
2.開いた体の向き
3.首を振る(オープンサイド/ブラインドサイド)
 
この3つは段階的なコンセプトとなっていて、まずはボール保持者に対して角度を付けた斜めのポジションを取ること(1)で周りが見やすくなり、続いて開いた体の向きを作ること(2)で目の前のスペースが広がります。その上で首を振って目の前のオープンサイドと背後のブラインドサイドの両方を観ます。(3)
 
ポール氏が紹介した分析映像の中で、ある日本のチームのボランチの選手がDFラインからのビルドアップのパスを受けるために斜めではなく真っ直ぐなポジショニングでボールを受け、結果的にミスなくプレーを成功させました。しかし、ポール氏は「できれば10歳から14歳までの年代ではこうした個人戦術のベースをしっかりと身に付けてほしい」と指摘しました。
 

■日本チームのレベルアップと今後の課題

大会3連覇のかかったFCバルセロナが準決勝で東京都U-12に敗れる波乱や1-3でバルサとの開幕戦に敗れたとはいえ川崎フロンターレU-12が時間帯によってはバルサを凌駕するパスワークで相手陣内に押し込むサッカーを披露したようにポール氏も「日本のチームは大会毎に競争力を上げています。認知というテーマで分析をすれば、日本の選手がここ数年いい指導を受けているのがわかります」と日本の育成年代や指導のレベルアップを認めています。
 
しかし、FCバルセロナや優勝したエスパニョールの選手たちと比較した時には戦術コンセプトの徹底やディテールの面で差があったのも事実です。ポール氏は「川崎フロンターレU-12や浦和レッドダイヤモンズジュニアなどは特にポゼッションの安定性がありいいサッカーをしていました」としながらも「チームとしてのバランスやオーガナイズの点で日本のチームは選手がボールに寄り過ぎるなどの課題も見えました。バランスやオーガナイズの良いチームでプレーしていれば選手も状況を理解しやすいので、そういう面でバルサは特筆すべきチームでした」とコメントします。
 
実際、ポール氏は今大会の注目選手であったバルセロナのMFチャビ・シモンズらバルサの中盤3選手が試合においてどのような認知を行なっているかを分析しました。紹介された映像において、ポール氏はバルサの中盤がいつ、どのタイミングで何を見ているかについてわかりやすく説明を行いました。そして、彼らが正しい認知、状況判断を行う前提としての斜めのポジショニングや開いた体の向きを作っていることも強調しました。
 
次ページ:持って生まれた能力に隠されたチャビ・シモンズの課題とは

ss_01.jpg
世界で通用する「認知力」を身に付ける『サッカーサービススクール』>>
 

●おすすめ商品●

ジュニア年代でしっかり「認知力」を身に付ける

think2_img400x200.jpg

FCバルセロナのカンテラの指導経験もあるサッカーサービス社のコーチ陣が、サッカーに必要な「認知」「判断」「実行」を徹底解説。Jリーグの試合映像をもとに実際のプロ選手の動きから学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。

知のサッカー第2巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
1  2
取材・文 小澤一郎

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015コンテンツ一覧へ(15件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015
  4. 「首を振ろう」では足りない!「いつ」「なにを」見るのかが大切

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  2. 子どもの体を大きくするためにはマスト?牛乳について気になること
    2017年4月25日
  3. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  4. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  5. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  6. チームに期待を持てず移籍を迷うんだが問題
    2017年4月26日
  7. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題
    2017年4月19日
  8. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  9. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ