1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. FCバルセロナに0-9で負けたチームが学んだこと

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集

FCバルセロナに0-9で負けたチームが学んだこと

2015年3月26日

キーワード:やる気ジュニアサッカーワールドチャレンジバルセロナモチベーション

「悔しい」「もっとうまくなりたい」「あんな風にプレーしたい」
 
ひとつの試合、ひとつのプレーで子どもたちが変わる。サッカーでは、100の言葉より1試合、自ら学び取った経験がやる気に火をつけ、その後のプレーを大きく変えていくことがあります。
 
「ああ、そんなに悔しかったんだ」「あの試合からなんか練習に向かう姿勢が変わったよね」
 
これまでどんなに言葉を尽くしてものんきに構えているように見えたわが子が、急に姿勢を正してサッカーに向かう姿を感じたことのあるお父さんお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
 
昨夏行われたジュニアサッカーワールドチャレンジ。バルセロナ、ACミランなど世界の強豪に文字通り“チャレンジ”するこの大会では、会場のそこかしこで子どもたちを一瞬で変えてしまう体験、一種の“化学変化”が起きていました。
 
なかでも最大級の衝撃を経験したはずのチームがあります。第二回大会の昨年から新設された「街クラブ枠」で出場し、グループリーグでバルセロナと対戦した諏訪FCプライマリーです。(取材・文 大塚一樹 写真 大塚一樹/田川秀之)
 
U-12_02807.JPG
昨年のワールドチャレンジに出場し、強豪だらけのグループリーグを勇敢に戦った諏訪FCプライマリー
 
 

■ワールドチャレンジの蒔いた種を追いかけて

「応募した時はまさか当選すると思っていませんでしたし、バルセロナと同じグループに入るとも思っていませんでした」
 
井川雅文監督は「セレクションもないようなチームですから、一体どんな試合になってしまうんだろうという不安もあった」と率直な胸の内を証してくれました。結果は0−9での完敗。それでもバルセロナの監督は女子選手を含む諏訪の子どもたちの最後まで諦めないプレーに「脱帽でした」と賛辞を送り、試合を終えた選手たちのなかには、世界最高峰と言っていいバルサに負けた後、悔しさをにじませた選手もいたのです。
 
このチームはここからどう変わっていくんだろう?
 
サカイクでは、約半年が過ぎた1月、神奈川県秦野市の招待試合に参加した諏訪FCプライマリーの監督、選手たちを訪ね、彼らの“その後”についてお話を聞きました。
 

■バルサだったらどうする!? プレーの基準が底上げされた

「あのときのバルサみたいなプレーができるといいね、ああいうときバルサだったらどうする?」
 
井川監督はワールドチャレンジ以降、選手たちの意識が変わっていくのをはっきりと感じ取ったといいます。
 
「試合での課題やプレーがうまく言っていないとき、これまではどうしたらいいかというのが子どもたちの中でもはっきりとはしていませんでした。それがバルサや日本のトップクラスのチームと試合ができたことで、こうしたい、こうしよう、というのが共通のビジョンになった」
 
練習でも「バルセロナは1タッチ、2タッチでボールを離していたよね。そのためにはどうしたらいいだろう?」「そう、そのための準備をしなきゃいけないよね」という会話が成り立つようになりました。それまでも「3タッチ以内!」と声をかけることはあったそうですが、バルセロナと対峙することで子どもたちは「なんで3タッチ以内なのか?」「ボールを素早く回すとどんなサッカーが出来るのか?」を肌で感じることができ「そんなプレーしてみたい」と自ら取り組むようになったというのです。
 
「バルサだけじゃなくて、ワーチャレに来ていたチームのレベルが高くて勉強になりました。他のチームの練習にも気がつくところがたくさんあった」
 
はじめにワーチャレ体験を話してくれたのは、キャプテンの塚田蒼選手。諏訪FCは大宮アルディージャジュニア、鹿島アントラーズジュニアとも対戦しましたが、バルセロナだけでなくこうしたチームの試合前の準備、練習などにもしっかり目を向けていたようです。
 
「バルサとできる! ってワクワク感はあったけど、いざ試合が始まると課題がたくさん見つかって、試合が終わったらやっぱり悔しかった」
 
レベル差がありすぎて試合が成立しないのでは? そんな穿った見方をしてしまう大人の心配を他所に、子どもたちはピッチの中で普段感じることのできない“世界”を思う存分身体に浴びていたのです。
 
1  2
取材・文 大塚一樹 写真 大塚一樹/田川秀之

関連記事

関連記事一覧へ

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集コンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. FCバルセロナに0-9で負けたチームが学んだこと

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ