1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集
  4. 【大会結果レポート1日目】U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集

【大会結果レポート1日目】U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013

2013年8月27日

キーワード:イングランドジュニアサッカーワールドチャレンジスペインバルセロナ

130827_06.jpg
 
8月27日(火)~8月30日(金)の日程で、ヴェルディグラウンド、味の素スタジアム西競技場にて開催されているU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013の大会初日の結果と試合レポートです。
 

■大会1日目試合結果

【グループA】
チョンブリFC(タイ) 0-3 柏レイソルU-12
鹿島アントラーズジュニア 0-3 大宮アルディージャ ジュニア
チョンブリFC(タイ) 3-0 鹿島アントラーズジュニア
柏レイソルU-12 1-0 大宮アルディージャ ジュニア
 
【グループB】
FCバルセロナ(スペイン) 4-0 東京ヴェルディジュニア
セレッソ大阪U-12 5-2 ベガルタ仙台ジュニア
FCバルセロナ(スペイン) 5-0 セレッソ大阪U-12
東京ヴェルディジュニア 5-0 ベガルタ仙台ジュニア
 
【グループC】
リバプールFC(イングランド) 4-1 東京都 U-12
川崎フロンターレU-12 2-1 横浜F・マリノスプライマリー追浜
東京都 U-12 2-0 横浜F・マリノスプライマリー追浜
リバプールFC(イングランド) 7-1 川崎フロンターレU-12
 
130827_07.jpg
 

■バルセロナU-12が衝撃の完勝!

開始1分のことでした。会場となったヴェルディグラウンドに集まった観客の視線を一身に浴びた久保建英君の左足が振り抜かれると、ボールはそのままゴールへ吸い込まれます。8月27日に開幕したU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013は、10歳で海を渡り、バルセロナの下部組織でプレーする日本人選手のこのゴールで幕を開けました。
 
開幕戦でバルセロナU-12を迎え撃ったのは東京ヴェルディジュニア。伝統的にテクニックに秀でた選手が集まるこのチームですが、バルセロナはヴェルディを上回るボールコントロールとターンテクニックでボールを保持し、試合を支配します。
 
130827_02.jpg
 
「日本では感じることができない感覚でした。ああいう風にやられることはまずない。バルセロナの選手はサッカーを良く知っている」
 
ヴェルディを率いる松尾洋監督がこう振り返ったように、ヴェルディジュニアはほとんど自分のサッカーをさせてもらえませんでした。バルセロナの下部組織が日本にやってくるということで大きな注目を集めていたこの試合。スコア以上に見ていた誰もが少なからず“衝撃”を受けたのではないでしょうか。
 
終始試合を支配したバルセロナは23分、33分、41分にも追加点を奪い4-0で初戦を飾ります。ほぼ全員が初めて体験するスペインからの長時間移動、これまでは7人制でプレーしていたという不安要素も全く感じさせない完勝でした。
 
130827_03.jpg
 

■交代で出てくる選手も含めてクオリティが高かった

この日、2度目の衝撃も久保君の左足から生まれます。セレッソ大阪U-12との前半15分、それまで前線からの激しいプレスでバルセロナの猛攻を防いでいたセレッソ大阪U-12の一瞬の隙を突いてドリブルからの左足一閃。強烈なシュートがゴールに突き刺さります。初戦でベガルタ仙台ジュニアを5-2で下したセレッソもこの一点をきっかけに徐々に主導権をバルセロナに奪われていきます。
 
セレッソ大阪U-12の大谷武文監督は、
「最初の失点まではなんとか……。フィジカルどうこうの問題だけじゃなくて、バルセロナの選手はうまかった。いつも取れているはずのところでボールが取れない。逆に取られるはずのないところでボールを失ってしまっていた」
と、やはりバルセロナに圧倒された試合をこのように分析してくれました。
 
130827_05.jpg
 
「香川選手や柿谷選手。個の力を大切にしているクラブなので個では負けたくなかったのですが……。交代で出てくる選手も含めてクオリティが高かった」
 
5年生を多く抱え、身体的な不利があったとはいえ、このあとも4点を加え、5-0と自チームを圧倒したバルセロナの選手たちの個の力を認めざるをえない様子でした。
 
大会1日目の2戦を通じて、強烈なインパクトを残したバルセロナ。左ウイングで先発した久保君をはじめ、どの選手も技術レベル、状況判断に優れ、守備に回れば相手のプレーを読んで徹底的なプレスを実行する。バルセロナの試合だけ、倍速で再生されているかのような「次元の違う」サッカーを見せてくれました。
 
130827_20.jpg
 

■世界との差を体感。今しかできない経験を

「ワールドチャレンジ」と銘打たれたこの大会は、日本のサッカーキッズが世界にチャレンジする場でもあります。イングランドからやってきたリバプールFCは第1試合の東京都U-12に4-1で勝利。午後に行われた第二戦、川崎フロンターレU-12との試合では、果敢な仕掛けからのシュート、クロスボールに合わせる攻撃が炸裂し、7-1と圧勝。
 
タイのチョンブリFCは柏レイソルU-12との初戦を0-3で落としましたが、2戦目は持ち前の攻撃力を発揮し鹿島アントラーズジュニアに3-0で勝利。いずれのチームも日本勢には手強い相手になりそうですが、クラブを率いる 指導者は口々に「めったにできない経験。国内の試合では経験できないこと」と、選手たちがこの段階で世界の強豪を相手にプレーすることのメリットを強調していました。選手たちも力の差を認めつつ、できたことできなかったことを振り返り、2日目以降のリベンジに燃えています。
 
130827_15.jpg
 
U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013は明日もグループリーグ12試合がヴェルディグラウンドで行われます。第1試合のキックオフは9時40分。大会初日も多くのサッカー関係者、指導者、そして子どもたちが会場で生の“世界”を体感し、多くの衝撃を受けました。世界を目指すにはまず世界を知ることから。ぜひ一度会場に足を運んで、世界を体感してみてください。
 

■FCバルセロナの元コーチが教える「サッカー選手が13歳までに覚えておくこと」

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修した選手が見て学べるU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、攻守の個人戦術からグループ戦術まで、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。将来、プロや海外で活躍することを目指す選手必見の教材。
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。詳しくはこちら>>
 
think-soccer-vol2img2.png
 

 
【U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集】
 
<<試合映像>>
 
<<大会コラム>>
 
<<大会レポート>>
【表彰セレモニー】歓喜に沸くFCバルセロナ。日本中が注目した4日間
【大会結果レポート最終日】6試合30得点1失点でバルサが優勝!
 
 
■大会公式ホームページ
 
1
取材・文/大塚一樹、写真/新井賢一

関連記事

関連記事一覧へ

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集コンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集
  4. 【大会結果レポート1日目】U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  2. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日
  3. 故障してサッカー辞めたい中1をどうするか問題
    2017年3月16日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  6. 福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実施
    2017年3月17日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 3月25日開幕!ダノンネーションズカップ2017 in JAPANの組み合わせが決定!
    2017年3月15日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 緊張は人間がサルだったころの名残!? 小学生でもトレーニングで緊張を小さくできる方法
    2017年3月14日

一覧へ