1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. どんな言葉で応援すればいいんだ問題

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~

どんな言葉で応援すればいいんだ問題

2016年12月22日

キーワード:島沢優子応援悩み母親

わが子のサッカーを観戦する際に気になるのが、どんな言葉で応援することが良いのかということ。
 
「がんばれー」
「そこだ!シュート」
「ナイスプレー」
「遅い!」
「いいぞ、いいぞ!」
「簡単に奪われるな」
「持ちすぎるな」
 
子どもたちプレーするサッカーグラウンドには、大人たちのさまざまな言葉が飛び交います。子どもたちの成長にとって、どんな言葉がプラスで、どんな言葉がマイナスなのでしょうか? 
 
ご自身もサッカー少年少女の母としての子育て経験を持つ、教育・スポーツジャーナリストの島沢優子さんが、読者の悩みに答える連載の第4回。今回は、応援の正しいスタンスや子どもにかける言葉の選び方について答えてもらいました。(文 島沢優子)
 
F12_7293_s.jpg
 
<<ジュニアユースと学業の両立どうなんだ問題
 
<サッカーママからの相談>
小学2年と4年生の兄弟を育てています。サイドコーチングならないように気をつけてはいるのですが、応援はしたい。子どもも応援はして欲しいって言います。どんな声かけなら良いのか、全く声をかけないのが良いのか、判断に迷います。
 

■少年サッカーの応援の基本は「ほめる」と「励ます」で十分

違うご相談を受けた際、ワタクシめの「黒歴史」をお伝えしたのを憶えていらっしゃいますか。
 
「左にスペースあるよ~」
「裏、裏狙え!」
 
と、指示しまくっていました。いろいろ言ったけど、低学年の子どもたちは「スペース」とか「裏」って何やのん?てな感じで、単なる騒音でした。子どもたちはどんなにか気が散ったことでしょう。
 
一番恥ずかしかったのは、小学4年生の娘の試合でのコーナーキック。サイドコーチングを我慢してたのですが、みーんなゴール前に集まっていたので、つい言ってしまいました。
 
「ショートコーナー、あるよ!」
 
すると、娘が振り向いて首をかしげたのです。(ショートコーナーってなに?)
目がそう言ってました。試合後「ケーキ屋さん思い出しちゃった」と。いや、それ、コージーコーナーやん、みたいな。本当に間抜けで恥ずかしい思い出です。
 
ピッチに入ったら、というより、家を一歩出てグラウンドに向かう時点で子どもはチームの一員です。それなのに、試合でミスをしたり、負け始めると、自分の親のほうをちらちら見る子どもが非常に多いのが日本の現実です。逆もまた然りで、ゴールすると、お母さんのほうを見てガッツポーズします。低学年ならまだしも、中学年以降は一番に仲間と喜び合える感覚になってほしいもの。親はあくまで大勢いる「ギャラリー」の一部で良いのです。
 
よって、少年サッカーの応援の基本は「ほめる」と「励ます」で十分です。
 
いいプレーがあれば「ナイス!」
頑張って最後までボールを追った子には「ナイスファイト!」
ミスした子には「ドンマイ!」
バテそうな子には「頑張れ!」とか「もう少しだよ!」
 
それらの言葉を精一杯の拍手にのせて、子どもたちに贈ります。
 
負けてしまったら「次、頑張ろう!」と励まし、勝てたのなら「良かったね」でいいのです。サッカーの経験者じゃないからとか、ルールをよく知らないからと遠慮することはありません。頑張っている子どもたちをリスペクトする気持ちを持てば、口から出てくる言葉はおのずと選ばれるものです。
 

■リスペクトする気持ちから滲み出るもの

汚い言葉で罵ったり、怒鳴ったりする大人は、子どもたちをリスペクトしていません。大人に尊ばれない子どももまた、対戦相手や仲間をリスペクトできません。大人は子どもの鏡。子どもも、そこにいる大人の鏡なのです。
 
エース級で上手な子どもが、技術の劣る仲間を罵倒するという話をよく聞きます。そんな子どもが減らない背景には、スキルの優劣や強い弱いに関係なくリスペクトし合う大切さを、チームでも家庭でも伝えていないからです。
 
例えば、福島から避難している小学生を新潟や横浜で「菌」呼ばわりしたり、「国からもらった賠償金があるだろう」と恐喝したのは、やった子どもたちの周りにいる保護者や周囲の大人が福島の人をリスペクトしていないからでしょう。それと同じように、少年サッカーでもかかわる大人の影響は大きいのです。
 
また、サイドコーチングする親は基本的に過干渉な方、もしくは自分の姿を子どもに投影している方が多いと感じます。加えて「自分は子どもに良い影響を与える存在だ」と思い込んでいます。
 
かつて、私もそうでした。家を出る前、子どもにどんな声がけをしたら試合で活躍できるのか。どんな話をしようか、などと一生懸命考えていました。勘違いも甚だしい親でした。
 
「最後まで走り切れ」とか「ゴールに向かえ」などと親が言っても、子ども自身の成長の糧になりません。それよりも「楽しんでおいでね」と笑顔で送り出せばよかったのです。
 
10数年前から、少年サッカー指導歴50年のベテランである池上正コーチ(京都サンガ普及部長)とお仕事をさせていただく機会に恵まれました。ダメ親だった私は、池上さんから「楽しんでおいでね」と「楽しかった?」の声がけだけで何もいらない、と教えられ、変わることができました。
 
次ページ:「好きなようにやってごらん」という気持ちで
あなたが抱えるお悩みに、先輩サッカーママ島沢優子がお答えします!

※相談の文言をご紹介させていただくこともあります。その際はプライバシーには配慮します。

1  2
文 島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~コンテンツ一覧へ(17件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
  4. どんな言葉で応援すればいいんだ問題

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
    2017年7月19日
  2. 「打撲にコールドスプレー」は昔の常識!? コーチ・保護者必見、最新の応急処置に欠かせないアイテムとは
    2017年7月12日
  3. 小さな成功体験を積むことが自信につながる! 自主性・主体性を育てる「しつもん」のしかた
    2017年7月14日
  4. サカイク読者のパパママならおさえておきたい プロテイン7つのポイント
    2017年7月18日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?
    2015年7月23日
  7. あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
    2017年7月20日
  8. これぞ最新決定版! 「何をいつどうやって飲むのか」 意外と知らない水分補給のポイントを伝授
    2017年7月10日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 【関東会場】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
     

一覧へ