1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 宮澤ミシェルの子育て論「子どもの好きにさせればいい!」

インタビュー

宮澤ミシェルの子育て論「子どもの好きにさせればいい!」

2014年11月18日

キーワード:宮澤ミシェル育成自立

今年10月に著書『「なんでシュートしないんだ!」では子どもは育たない』を上梓したサッカー解説者の宮澤ミシェルさん。今回、サカイク編集部は宮澤さんに著書についてのインタビューを敢行。本を書いた動機や、自身の子育て、そして現状の日本サッカー界に必要なものなどをテーマに語ってもらいました。
 
DSC_4153_s.jpg
取材・文 杜乃伍真 写真 田丸由美子
 

■いまの育成に足りないもの

最近の育成年代のサッカーの現場を歩いていると、子どもらしさが足りないと感じます。すべてを丁寧に学んできた優れた選手たちが揃っているという印象です。感情のコントロールの仕方もすべて教わってきている。でも、そこまでコントロールしてしまうと心の奥底から湧き上がる素直な感情が出しにくくなるのではないでしょうか。
 
わがままにプレーさせたほうが良いこともあるはず。まずは子どもに自由にプレーさせて、その後に「それだったらこういう方法があるんじゃないの?」というような言葉を差し伸べるようなスタンスが良いのではないかと思います。最初から練習メニューはこうで、こうやっていくとうまくなる、といった型にはまったものが用意されていると、いざ「ここからはお前たちの考えでやるんだよ」と言ったときに「え? ここからはおれたちがやるんですか?」といった反応が返ってくる。それが成長を打ち止めしている気がしてなりません。
 
ぼくらが現役のころは真逆でした。ベンチがなにか言っても「だからなんだよ!」という感じで、指示はとりあえず聞くけど、自分の意思でプレーしてしまう、という感じだった。「やってしまえ!」と。当然、時代が違うしぼくらのときは技術を教えてくれるコーチがあまりいなかったから、技術面の上達に限界があったように思います。その分、情熱の塊のような時代を生きていた。でもいまの選手たちはぼくらよりも遥かにうまいけど、コーチに言われないと判断できない場合も多い。
 
「自分でやってしまえ!」という自らの気持ちに突き動かされたようなアクションが伝わってこない。たとえば、そこでいくら大人が「なんでシュートしないんだ!」と言っても、子どものアクションは引き出せるものではありませんよ。そんな声がけをしていても子どもは育っていかないのではないか? という危機意識を本のタイトルに込めました。
 
1  2
取材・文 杜乃伍真 写真 田丸由美子

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(143件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 宮澤ミシェルの子育て論「子どもの好きにさせればいい!」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ