1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. コンタクトレンズとスポーツゴーグル、少年サッカーはどちらがオススメ?

健康と食育

コンタクトレンズとスポーツゴーグル、少年サッカーはどちらがオススメ?

2012年5月17日

キーワード:スポーツゴーグル眼病

DSC08898.JPG
 
サッカーの競技規則の中には『競技者は、自分自身または他の競技者に危険な用具を用いる、あるいはその他のものを身につけてはならない(あらゆる装身具を含む)』とあり、試合前にレフェリーによってメガネの使用を制限されることがあります。では、視力に問題のあるプレーヤーはどうすればいいのでしょう?
 
一般的にメガネの代わりに使用されているのがコンタクトレンズやスポーツゴーグルです。少年サッカーにおけるコンタクトレンズやスポーツゴーグルの使用について眼科の専門医にお聞きしました。
 
 

■子どものソフトコンタクトレンズ

――スポーツでのコンタクトレンズは危険でしょうか?
 
「ハードコンタクトレンズはスポーツでは使わないほうがよいといわれます。ハードコンタクトは,割れる可能性や外れることもありますのでスポーツにはあまり向きません」
 
「眼科医の方針によって、コンタクトレンズ使用は小学高学年から、中学生以上から、さらに場合によっては高校生以上という医師もいます。成長過程で体の小さい子どもでは、コンタクトレンズの大きさと眼球の大きさがあわないことが多く、特に小さい子どもにはコンタクトレンズが大きすぎたりする場合があります。また、清潔に取り扱わなくてはならないため、低学年くらいの子どもにとっては取り扱いが難しい面があります。したがって、低学年ほどスポーツゴーグルを利用するメリットは高いと思います」
 
 

■少年サッカーでも多く使用されているスポーツゴーグル

――スポーツゴーグルはどんなものですか?
 
「スポーツゴーグルを使用する目的としては、視力の矯正をするメガネ・コンタクトレンズの代わりに使用するという側面のほかに、眼を保護する側面もあります。今では、普段使用する一般的なメガネの場合、割れた破片が眼に入る可能性は少なくなってきています。強化レンズでできていることが多いスポーツゴーグルでは普通のメガネ以上に割れる可能性は少ないのでそれほど心配することはありません。レンズが割れることを気にするよりも、使用中にとれたり、外れたりしない。あるいは金属を使用していないというような工夫のある製品を選ぶことが重要です。
 
デメリットとしては、若干視界が制限されるということがあげられます。なるべく広く見渡せるスポーツゴーグルを選ぶといいかもしれません。また、汗によってレンズが曇ることもあります。空気を抜く穴がついてはいますが、どうしても汗をかく人は曇り止めなどの工夫が求められると思います。走っているときは空気の流れがあるので曇ることはありませんが、止まっているときには比較的曇りやすいです」
 
 

■スポーツゴーグルを探してみよう

今では「スポーツゴーグル」「スポーツグラス・アイウェア」などで検索することで取り扱っているお店を見つけることができます。いくつか、あげておきたいと思います。また、サッカーの公式戦におけるスポーツゴーグル使用については、最終的に審判員と大会本部が着用の可否を判断します。商品を選ぶ際には所属チームの監督・コーチにも確認をとってみることをおすすめします。
 
1.イワキメガネ
 
2.カニヤホームページ
 
3.金栄堂メガネ
 
4.G-optique
 
 
知っておこう!サッカーで考えられる眼の病気やケガ>>
 
 
久保田芳美先生(くぼた眼科院長・医学博士)//
『くぼた眼科』
〒321-0132 栃木県宇都宮市雀の宮4-7-26
ホームページ:http://www.kubota-eyeclinic.com/
1
取材・文/清水聰、写真/サカイク編集部(ダノンネーションズカップ2012より)

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(162件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. コンタクトレンズとスポーツゴーグル、少年サッカーはどちらがオススメ?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  5. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  6. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から身を守ろう
    2017年9月15日

一覧へ