1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

健康と食育

おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

2011年10月21日

キーワード:ジェフユナイテッドストレッチ筋トレ

姿勢、骨盤を矯正し、インナーマッスルを使って身体の芯を作っていくことでバランスのとれた健康的な身体へと導く「ピラティス」。ボディシェイプ、代謝や柔軟性アップ、ケガの予防など多くの効果があるため、一般の人からアスリートまで幅広く取り入れられています。

最近は、大人だけでなく身体のバランスが崩れている子どもも多いようで、それはパフォーマンスだけでなくケガなどにも影響してきます。
 
今回は、おウチでも実践できるピラティスのメニューを、ジェフユナイテッド市原・千葉のFW深井正樹選手の奥様で、ピラティス・ヨガスタジオ「Studio ViBody」の代表、深井 康代さんに教えてもらいました。
 
深井選手も実際におウチで行なっているメニュー。撮影には深井選手にもご協力いただきました!
 
 
【基本姿勢】
 
(座り)
0015.jpg
 
 
(仰向け)
0069.jpg
 

座位では、骨盤を床に対して垂直に保ち、仰向けでは骨盤を床と平行に保ちます。肩が上がってこないように、肩甲骨をお尻の方向に向かって下げます。

下腹をへこます、おへそを背骨に向かって引き込み、下から引き上げる『スクープ』という動きがありますが、これがピラティスにおいての基本姿勢になります。運動するのが面倒な方や、あまり時間を取れない方でも、この下腹をへこます『スクープ』という動きを時々することをオススメします。続けていくとお腹周りのスッキリにつながります。
 
ピラティスでは、この『スクープ』の姿勢を、エクササイズ中もキープすることがポイントとなります。
 

【呼吸】

ピラティスでは胸式呼吸(ラテラル)が基本となります。お腹が膨らまないように注意しましょう。鼻から息を吸うときは、肋骨が左右、後ろ方向に広がるようチェック。口から吐く時もさらにお腹をへこますように吐き出します。
 

【骨盤調整】

0111.jpg

1  2
取材・文・写真/石井宏美

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(145件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「ボールを持つと慌てる、簡単に取られる」そんな選手が意識すべき2つのポイント
    2016年8月23日
  2. 子どもの可能性を引き出すコーチを見極める6つのチェック項目
    2016年8月25日
  3. 常勝軍団バルサの監督が選手たちに与えた4つのアドバイス
    2016年8月28日
  4. サッカー未経験の親でもできる!わが子を助ける2つのセルフテーピング
    2016年8月29日
  5. 攻撃時にも自分のマークする選手を見ておかなければいけない!バルサと日本チームの差はディフェンスにあった
    2016年8月25日
  6. 「どこから守備にいくか、どこからパスを回すのか」バルサと日本チームの差はどこに
    2016年8月28日
  7. 目標は1日3500kcal!サッカーをする小学生が実践したい食事法"栄養フルコース型"とは
    2016年8月31日
  8. 8歳は集中力が持続しなくて当たり前?サッカー少年の年代別の特徴をしっかり理解しよう
    2016年8月30日
  9. 「プレーのアイディアがいっぱいあってすごかった」バルサと戦った子どもたちはなにを感じたのか
    2016年8月26日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ