1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

健康と食育

おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

2011年10月21日

キーワード:ジェフユナイテッドストレッチ筋トレ

姿勢、骨盤を矯正し、インナーマッスルを使って身体の芯を作っていくことでバランスのとれた健康的な身体へと導く「ピラティス」。ボディシェイプ、代謝や柔軟性アップ、ケガの予防など多くの効果があるため、一般の人からアスリートまで幅広く取り入れられています。

最近は、大人だけでなく身体のバランスが崩れている子どもも多いようで、それはパフォーマンスだけでなくケガなどにも影響してきます。
 
今回は、おウチでも実践できるピラティスのメニューを、ジェフユナイテッド市原・千葉のFW深井正樹選手の奥様で、ピラティス・ヨガスタジオ「Studio ViBody」の代表、深井 康代さんに教えてもらいました。
 
深井選手も実際におウチで行なっているメニュー。撮影には深井選手にもご協力いただきました!
 
 
【基本姿勢】
 
(座り)
0015.jpg
 
 
(仰向け)
0069.jpg
 

座位では、骨盤を床に対して垂直に保ち、仰向けでは骨盤を床と平行に保ちます。肩が上がってこないように、肩甲骨をお尻の方向に向かって下げます。

下腹をへこます、おへそを背骨に向かって引き込み、下から引き上げる『スクープ』という動きがありますが、これがピラティスにおいての基本姿勢になります。運動するのが面倒な方や、あまり時間を取れない方でも、この下腹をへこます『スクープ』という動きを時々することをオススメします。続けていくとお腹周りのスッキリにつながります。
 
ピラティスでは、この『スクープ』の姿勢を、エクササイズ中もキープすることがポイントとなります。
 

【呼吸】

ピラティスでは胸式呼吸(ラテラル)が基本となります。お腹が膨らまないように注意しましょう。鼻から息を吸うときは、肋骨が左右、後ろ方向に広がるようチェック。口から吐く時もさらにお腹をへこますように吐き出します。
 

【骨盤調整】

0111.jpg

1  2
取材・文・写真/石井宏美

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(145件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. おウチで簡単!ピラティスでバランスのいい身体づくり(1/3)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 8歳以下とはここがちがう!12歳以下のサッカー少年3つの特徴とトレーニングの質が高まるコツ
    2016年7月22日
  2. 選手をサポートしすぎないで!バルサが実践するお父さんお母さんへの呼びかけ
    2015年9月15日
  3. ゴールキーパーのキャッチング練習〜3つのキャッチ編〜
    2016年7月27日
  4. サッカー少年に補欠ゼロのリーグ戦を!上鷺宮SCがはじめた"あすなろリーグ"とは
    2016年7月25日
  5. 「腹筋と股関節を鍛えることが大切」香川真司のパーソナルトレーナー直伝!小学生から取り入れたいトレーニングとは
    2016年7月19日
  6. サッカーサービスキャンプ2015最優秀選手、憧れのイニエスタ選手と対面!
    2016年7月26日
  7. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  8. 「息子と車庫で2時間くらいリフティング、あれは間違いだった」元日本代表DF秋田豊が振り返る子育て
    2016年7月15日
  9. 「できたやん。うまくなってるやん」と褒めると積極的にプレーし始める!元日本代表DF中西永輔のサッカー少年の育て方
    2016年7月21日
  10. 小さくてもやれる!小6で136cmだった大久保嘉人
    2014年11月17日

一覧へ